トピックス

お知らせ
緊急のお知らせ

【お知らせ】
隣地建設工事に伴う重要なお知らせ

元町映画館の東に隣接した敷地において木造新築工事が12月現在進行中です。

工事期間
2018年12月現在~2019年3月末予定
工事時間
「2月19:00〜」「3月8:00〜18:00」 雨天中止
施工業者
アイ工務店

担当者:浦 隆志 連絡先:TEL078-381-6306


予想された工事による騒音の映画鑑賞への影響を軽減すべく劇場内の防音工事を2017年に自主的に実施いたしました。
しかし現在その騒音を完全に防ぎきれてはおりません。

特に2019年3月中旬までは、大きめの騒音が劇場内にも影響することが考えられます。

現状、通常通り営業を続ける予定ですが、工事終了まではご迷惑をおかけいたします。
施工業者とは対策も話し合っており、工事期間中も状況に応じて連絡を取り合い、随時対応してまいります。
たいへん申し訳ございませんが、あらかじめご了承くださいませ。

また、お客さまからのご意見を頂戴する専用のメールアドレスを開設いたしました。工事の影響に関すること、またそれ以外でも結構です。些細でも気になったことをお気軽にお寄せください。
customer@motoei.com

関連イベント
2019年5/11(土)

『風たちの午後』矢崎仁司監督舞台挨拶開催決定!

今から40年前、大学生の矢崎仁司監督が仲間たちと撮った伝説的な処女作『風たちの午後』。日本はおろか世界でも恋愛の形がまだ閉鎖的だった当時、自由な発想でセンセーショナルなテーマを扱った作品が日本から生まれたことに世界は衝撃を受け、いくつもの海外映画祭で上映されました。オリジナルの16mmフィルムの劣化と音楽著作権の問題から、長らく上映ができず“幻の作品”となっていた本作が、ついにデジタルリマスターで蘇ります。公開を記念して、矢崎仁司監督の舞台挨拶を開催します。

日時
5/11(土) 15:30の回上映終了後
登壇者
矢崎仁司監督

※当日映画を観られた方対象、参加無料

関連イベント
2019年5/6(月・祝)

『ザ・スリッツ:ヒア・トゥ・ビー・ハード』安田謙一さん×キングジョーさんトーク開催決定!

世界で最初の、女性のみメンバーのパンクバンドにしてポスト・パンクの先駆、「ザ・スリッツ」結成時から、解散以後のメンバー個々のストーリー、2005年の再結成、そして2010年、本作の制作中に癌でヴォーカルのアリ・アップが亡くなるまでを追ったドキュメンタリー映画『ザ・スリッツ:ヒア・トゥ・ビー・ハード』。公開を記念して、おなじみ安田謙一さんとキングジョーさんのスペシャルトークを開催します!

トーク「はじめにリズムありき」


日時
5/6(月・祝) 19:40の回上映終了後
登壇者
安田謙一さん(ロック漫筆家)、キングジョーさん(DJ/画家)

※当日映画を観られた方対象、参加無料

お知らせ
2019年5/1(水)~5/31(金)

学生のみなさーん!5月は神戸で映画をいっぱい観よう!「超!学割シネマ」開催!

パルシネマしんこうえん、Cinema KOBE、神戸アートビレッジセンター、元町映画館の4館で、5/1から5/31の1ヶ月間、〈学生を含む2名以上での来館〉で学生の鑑賞料金が500円になる「超!学割シネマ」を実施します。学生どうしの友だちや両親や兄弟などのご家族と、ぜひ一緒に4つの映画館をめぐっておトクに映画を鑑賞してください!元町映画館では期間中、すべての作品でご利用可能です!
※上映作品、スケジュールなどは各劇場のHPなどをご参照ください。

超!学割シネマ


対象劇場
元町映画館
パルシネマしんこうえん→
Cinema KOBE→
神戸アートビレッジセンター→
期間
5/1(水)~5/31(金)

利用条件:学生を含む2名以上でのご来館。チケット購入時に必ず学生証をご提示ください。
※学生証のご提示がない場合は対象外となります。
※学生どうしでなくてもご利用いただけますが、割引対象は学生のみです。
※同一作品でも、割引対象となるのは5月に上映される回のみです。

関連イベント
2019年5/10(金)

「村田朋泰特集 夢の記憶装置」村田朋泰監督舞台挨拶開催決定!

NHKプチプチ・アニメ『森のレシオ』やMr.ChildrenのMV「HERO」などを手がけ、細やかで情感溢れる造形と、奇天烈で、懐かしさと温かさと哀しさが同居する唯一無二の世界観で多くの人々を魅了し続けている映像作家・村田朋泰。“夢”の世界を用いて、 “記憶装置”として映像をつくり続ける村田朋泰の世界、15年にわたるその創作活動の中から厳選した名作を一挙上映する「村田朋泰特集 夢の記憶装置」。公開を記念して、村田朋泰監督の舞台挨拶を開催します!

日時
5/10(金) 18:10の回上映終了後
登壇者
村田朋泰監督

※当日映画を観られた方対象、参加無料

関連イベント
2019年5/11(土)

『世界で一番と言われた映画館』公開記念|“映画館と地域の関係”を考えるスペシャルトーク開催決定!

山形県酒田市にかつて存在した伝説の映画館「グリーンハウス」。酒田大火の火元としての悲劇を背負いながらも、地域の人々にとっては外の世界を垣間見る場でもあったこの映画館をめぐる地域の人々の証言から、記憶の中に宿る在りし日の姿を描き出すドキュメンタリー映画『世界一と言われた映画館』。公開を記念して、本作を参照しつつ、ときには逸脱しつつ、映画館が舞台となった映画作品から、日本各地に点在する「まちなか映画館」まで、架空と現実を行き来する旅行記を通して、映画館と地域の関係を考えるトークイベントを開催します!

トーク「地域を育てる映画館/地域が育てる映画館」


日時
5/11(土) 12:00の回上映終了後
会場
元町映画館2Fイベントルーム
登壇者
堀口徹さん(近畿大学建築学部准教授)、熊谷睦子さん(本作配給/ムービー・アクト・プロジェクト)

※当日映画を観られた方対象、参加無料

関連イベント
2019年5/26(日)

『新宿タイガー』佐藤慶紀監督舞台挨拶開催決定!

東京・新宿。この街にはいつも虎のお面を被り、ド派手な格好をし、毎日新宿中を歩いている“新宿タイガー”と呼ばれる年配の男性がいる。街の人々や周囲の人々へのインタビューを通して、彼の隠された意図に迫るドキュメンタリー映画『新宿タイガー』。公開を記念して、佐藤慶紀監督の舞台挨拶開催が決定しました!

日時
5/26(日) 20:20の回上映終了後
登壇者
佐藤慶紀監督

※当日映画を観られた方対象、参加無料

関連イベント
2019年4/27(土)~5/3(金)

「ハイテンション映画祭!2019」開催決定!今年は…サメが襲来!!!

元町映画館のゴールデンウィーク恒例企画「ハイテンション映画祭!」。お酒を片手に友人や仲間とワイワイ楽しんで観ることができる映画を集めた特集上映です。6回目となる2019年は、“サメ映画”特集!
“サメ映画”といえば『JAWS』『ディープブルー』などといった名作に始まり、2018年にも『MEG ザ・モンスター』といった大作が定期的に作られファンも多いジャンル映画。しかし近年のサメ映画はもはや海を飛び越えて私たちに襲いかかってくる…!驚愕、絶叫、唖然呆然!!平成も終わる2019年が「サメ映画元年」となることを願う元町映画館イチのサメ映画マニアが企画し、その情熱に動かされた(?!)サメ映画界を牽引する存在、“サメンテーター”の中野ダンキチさんの参戦も決定!!さらに“サメ映画五賢人”の一人、サメ映画ルーキーさんも!!!2019年ゴールデンウィーク、見たことのないサメに出会いに来てください!!!

ハイテンション映画祭!2019


期間
4/27(土)~5/3(金)

※上映スケジュールはこちら→

◇上映作品
『シャークネード カテゴリー2』2014年/アメリカ/91分 予告編→
『シックスヘッド・ジョーズ』2018年/アメリカ/89分 予告編→
『シャークトパス VS 狼鯨』2015年/アメリカ/87分 予告編→

中野ダンキチさん&サメ映画ルーキーさんトーク


日時
5/2(木)『シャークネード カテゴリー2』19:20の回上映終了後
登壇者
中野ダンキチさん(サメンテーター)、サメ映画ルーキーさん(サメ映画五賢人)
※該当回をご鑑賞の方のみ参加可
※この回のみ、招待券、5つたまったスタンプカードなどの無料鑑賞不可

出張!サメ映画学会 in KOBE


「サメ映画」とはなにか、どんな作品があるのか、その魅力はどこにあるのか。サメ映画について深く掘り下げつつその魅力を共有する、それが「サメ映画学会」。東京でのみ開催されていたイベントを、出張版として神戸で初開催!このイベントに参加したら、もうサメの魅力から脱け出せない?!
日時
5/3(金) 14:30受付・開場|15:00開始(約2時間予定)
会場
元町映画館2Fイベントルーム
登壇者
中野ダンキチさん(サメンテーター)、サメ映画ルーキーさん(サメ映画五賢人)
料金
一般1,500円、学生1,000円(それ以外の割引はございません)
定員
30名(ご予約優先順、空きがあれば当日受付も可)
ご予約
「お名前/ご連絡先/ご参加人数」を明記のうえ、event_motoei@yahoo.co.jpまでメールでお申し込みください。元町映画館店頭、お電話でも受付いたします。

アルコール持参で料金がお得に!「酔い割」実施!


お酒を飲みながら映画を楽しむ、そんなスタイルがピッタリなのが「ハイテンション映画祭!」。アルコール持参でご来場された方には特別割引を実施します!チケットご購入時にアルコールをご提示ください。
内容
当日一般1,500円のところを1,300円に!
※ほか割引との併用は不可です。
※ご提示できるアルコールをご持参されることが条件となります。
※20歳未満のお客さまはご利用できません。

お知らせ
2019年5/4(土)・5/5(日)

実験的で先鋭的なアートを紹介するプロジェクト「IAPK」開催決定!

Interdisciplinary Artという観点で、発表の場や観客が固定されてしまう現状を打破し、ジャンルに依拠しない活動を行うアーティストを発掘、そして新たな観客や価値を創造するために2009年に設立された「Interdisciplinary Art Festival Tokyo(インターディシプリナリー・アート・フェスティバル・トウキョウ)」。演劇、音楽、映画など、さまざまなジャンルを横断し表現活動を行うアーティストをフューチャーしたイベント企画で、新たな価値をクリエイトし、人と人とをつなぐことを目的としています。
そんな、枠組みを超えた実験的で先鋭的なアートを紹介してきたインターディシプリナリー・アート・フェスティバル・トウキョウが、神戸で新しいプロジェクト「IAPK(Interdisciplinary Art Project Kobe)」を発足!神戸で定期的にARワークショップや映像上映会、パフォーマンスなどを行っていく予定です。
アートや実験映像、新しい表現に興味のある方はぜひお越しください。

「IAPK 2019 #01」


日時
5/4(土)・5/5(日) 14:30受付・開場|15:00開始
15:00~
映像上映プログラム「IAPK 2019 vol.1」
『観客をつくるということ』2006・2013年/12分/監督:飯村隆彦
『きみはどこにもいない』2016年/26分30秒/監督:キム・スキョン
『タイムストリップ』2016年/7分/監督:西山修平
『ゲンダイチ・コースケの事件簿#2 恐怖!!タービン・ホールの呪い!!』2013・2019年/20分/監督:オルタナティブ人形劇団「劇団★死期」
『あなたを纏う』2016年/6分30秒/監督:韓成南
16:30~
韓成南によるパフォーマンス「Revealing Collective Unconscious」
会場
元町映画館2Fイベントルーム
料金
1,500円(各日定員30名、予約受付先着順)
ご予約
メールでinfo@i-a-f-t.netまで、または元町映画館店頭、お電話でも受付いたします。

詳細・お問い合わせ→

関連イベント
2019年4/27(土)~5/3(金)

今年は中東イエメンを特集「イスラーム映画祭4」開催!

2015年12月にスタートし、早くも4回目。当館では3回目となる「イスラーム映画祭」。国境を越えて世界に散らばるイスラーム文化を紹介、発信するこの映画祭の今年のテーマは2015年より激化した内戦の影響で“世界最悪の人道危機”と呼ばれる状況が続く、中東“イエメン”。イエメン出身の女性監督が100%イエメンを舞台に撮影、史初のイエメン製長編劇映画の『わたしはヌジューム、10歳で離婚した』を含む12作品、11プログラム。トルコや南インドの新作映画などほとんど神戸では初公開の作品ばかり。さらに毎回大好評の上映後トークイベントも実施。はっきり言ってこれを逃すとお目にかかれないかも。ぜひこの機会にイスラームの今を知ってください。

上映期間
4/27(土)~5/3(金)
入場料金
一般1500円、その他サービスデーなど当館の通常の興行料金に準ずる
※上映期間中に3回券3600円で販売

※注意事項
・連日日替わり上映
・どの日程も混雑の可能性の可能性あり。満席となった場合は入場規制。お時間には余裕を持ってお越しください。
・『西ベイルート』は35mmフィルム上映となります。
・トークイベントの定員は受付先着40名。満席となった場合は入場規制。

上映スケジュール→

トークイベント→

公式サイト→





お知らせ
2018年4月

元町映画館スタッフがレギュラーでラジオに出演中。

当館の広報スタッフをはじめ、劇場スタッフが下記ラジオ番組にて出演中。映画の面白さを発信しております。 劇場招待券などリスナープレゼントもあり。ぜひお聴き逃しなく!!

BAN-BANラジオ

番組名
「ウキバンFRIDAYの1コーナー Cinema Cafe Brava」
MC:石川麻優さん
放送局
BAN-BANラジオ
FM86.9MHz
番組内容
観た後に「ブラボー」と言いたくなるような映画情報をお伝えしていきます。
今日も映画好きなお客さんが来てくれますよ~
放送日
5/10(金)13:45〜およそ10分間
※毎月第2金曜日、生放送
再放送は当日午後9時過ぎから放送
紹介映画
「マイ・ブックショップ」
(監督:イザベル・コイシェ/2017年/スペイン/112分/La libreria)

ラジオ関西

番組名
「谷五郎の笑って暮らそう」の1コーナー
『元映・宮本のシネマこの1本!』
MC:谷五郎さん(メイン)、
田名部真理さん(アシスタント)
放送局
ラジオ関西
JOCR 558KHz
番組内容
兵庫県内のオススメ情報、旬な話題などを取り上げながら毎回ゲストを交えての楽しいトークでお送りする生放送!
放送日時
5/7(火)11:35〜15分間
※毎月第一火曜日、生放送
紹介映画
『マイ・ブックショップ』
(監督:イザベル・コイシェ/2017年/スペイン/112分/La libreria)

動画配信サービスSHOWROOM

番組名
「狐娘と路上の華」
MC:月溪さらさん
番組内容
モデルとしても活躍する月溪さらさんをメインMCに身近にある音楽・元町映画館で上映予定の映画を含め「あまり知られていないけれども、どこか光っている」モノやコト、「人や、人がつくったもの」について、ゲストとともに紹介。
配信日
4/29(月・祝)19:00〜20:00

エフエムみっきぃ

番組名
「もっと映画を観よう!~元町映画館シネマガイド~」
MC:アケさん
放送局
エフエムみっきぃ
76.1MHz
番組内容
三木市には映画館がありません。映画を観ようと思ったら、車や電車で1時間くらい移動しなければなりません。でも、時間とお金をかけても、映画には魅力があります。三木市の皆さんにもっと映画を観て頂きたく、今月から始まったこのコーナーは、神戸元町4丁目にある、元町映画館の方に電話を繋いで、現在公開中の映画、近々公開される作品の紹介など、映画の魅力をたっぷりお聞きします。
放送日時
4/9(火)18:00〜18:15
※毎月第2火曜日、生放送
紹介映画
「イスラーム映画祭」

関連サイト

BAN-BANラジオ →
ラジオ関西 →
「イスラーム映画祭」公式サイト →
『マイ・ブックショップ』公式サイト →
月溪さらさんTwitter →
月溪さらさんInstagram →
SHOWROOM →
エフエムみっきぃ →
 

※リスナープレゼントあり。
生放送のため、当日の内容は変更になることもございます。
予めご了承ください。

お知らせ
2019年4月〜6月

「池谷薫ドキュメンタリー塾」第5期/4月より開講!

ドキュメンタリーは好きだけど、いまいち観かたがわからない。ドキュメンタリーの面白さを、もっと知りたい。そんな方にぴったりの連続講座「池谷薫ドキュメンタリー塾」を今年も開講します!
世界を映し出す鏡であるドキュメンタリー。そこには劇映画に引けを取らない“人間ドラマ”が存在します。対象との関係の築き方、撮影・編集のテクニック、ドキュメンタリーならではの演出法…数々の国際映画賞に輝く池谷薫監督が、自作の上映と、映像クリップを駆使しての熱い解説を繰り広げます。
ドキュメンタリーについて深く学びたい方、映像制作に興味のある方、ふるってご参加ください!

日時・カリキュラム


各回18:45受付・開場|19:00開始(21:00終了予定)
【第1回】
4/4(木)
ドキュメンタリーはフィクションである
[鑑賞作品:NHKスペシャル『黄土の民はいま』]
【第2回】
4/18(木)
あくなき“欲望”を撮る
[鑑賞作品:NHKスペシャル『西方に黄金夢あり』]
【第3回】
5/9(木)
人間の“尊厳”とは何か
[鑑賞作品:映画『延安の娘』]
【第4回】
5/16(木)
劇映画を超えるドラマ性
[映像クリップを使った『延安の娘』の徹底解説]
【第5回】
5/30(木)
セルフドキュメンタリーの可能性とは
[鑑賞作品:モトプロ映画祭出品作品]
【第6回】
6/13(木)
戦争映画における“記憶と記録”
[鑑賞作品:映画『蟻の兵隊』]
【第7回】
6/20(木)
いかにして“共犯関係”を築くか
[映像クリップを使った『蟻の兵隊』の徹底解説]

受講料

各回2,000円/全7回受講10,000円
※学生はいずれも半額
※初回受講時に全額お支払いとなります
※いかなる場合もお支払い後の返金はできかねます

定員

各回35名

お申込み

ドキュメンタリー塾の公式Facebookページにアクセスし、「予約する」ボタンからご希望の日程をお申込みください。元町映画館店頭やお電話でも受付しています。

公式Facebook→
元町映画館 TEL:078-366-2636

お知らせ
2018年8月18日(土)~

元町映画館オリジナルグッズ販売!

この8/21に、元町映画館は8歳の誕生日を迎えます。

これを記念して、初めての(!)オリジナルグッズを作り、販売することが決定しました!

スケジュールチラシの表紙やスタンプカードなど、元町映画館開館以来ずっと素敵なイラストを描き続けてくれている朝野ペコさんがデザインを手がけ、映画チア部の水野遥さんが1枚1枚手で刷ってくれたもの。

スタッフも自信を持ってオススメできる商品ばかりです。

8/18(土)から販売開始、どうぞお楽しみに!

※手刷りのため、自然なプリントズレ、かすれ、滲みが発生する場合があります。

あらかじめご了承ください。

商品ラインナップ

Tシャツ
(サイズ:Girls-M/S/M)各2,000円
ミックスグレー×黒/スミ×白/バニラホワイト×赤/ネイビー×黄
サコッシュ
1,500円

本日の上映作品

Tweets