トピックス

お知らせ
緊急のお知らせ

【緊急のお知らせ】
隣地建設工事<その2>に伴う重要なお知らせ

元町映画館の東に隣接した敷地において木造新築工事が12月現在進行中です。
かねてよりお知らせしてきましたその東にある12階建てのマンションとは別件になります。

工事期間
2018年12月現在~2019年2月下旬予定
工事時間
月~土曜の8:00~18:00予定 雨天中止
施工業者
アイ工務店

担当者:浦 隆志 連絡先:TEL078-381-6306


予想された工事による騒音の映画鑑賞への影響を軽減すべく劇場内の防音工事を2017年に自主的に実施いたしました。
しかし現在その騒音を完全に防ぎきれてはおりません。

特に2018年12/21頃までは、大きめの騒音が劇場内にも影響することが考えられます。

現状、通常通り営業を続ける予定ですが、工事終了まではご迷惑をおかけいたします。
施工業者とは対策も話し合っており、工事期間中も状況に応じて連絡を取り合い、随時対応してまいります。
たいへん申し訳ございませんが、あらかじめご了承くださいませ。

また、お客さまからのご意見を頂戴する専用のメールアドレスを開設いたしました。工事の影響に関すること、またそれ以外でも結構です。些細でも気になったことをお気軽にお寄せください。
customer@motoei.com

お知らせ
2017年10月~2019年2月予定

隣地マンション建設工事に伴う重要なお知らせ

元町映画館の東隣の敷地に12階建てのマンションが建つことになり、10月より建設工事が始まっております。

工事期間
2017年10月~2019年2月予定
工事時間
月~土曜の8:00~18:00予定
施工業者
生和コーポレーション株式会社

担当者:細川英一 連絡先:TEL078-333-1730


工事による騒音で映画鑑賞が妨げられることへの影響を軽減すべく劇場内の防音工事を自主的に実施いたしましたが、完全に防ぎきれるものではありません。特に基礎工事中の2018年2月までは、大きめの騒音や振動が劇場内にも影響することが考えられます。
現状、通常通り営業を続けていく予定ですが、工事終了まではご迷惑をおかけいたします。施工業者とは対策も話し合っておりますが、工事期間中も状況に応じて密に連絡を取り合い、随時対応してまいります。たいへん申し訳ございませんが、あらかじめご了承くださいませ。

また、お客さまからのご意見を頂戴する専用のメールアドレスを開設いたしました。工事の影響に関すること、またそれ以外でも結構です。些細でも気になったことをお気軽にお寄せください。
customer@motoei.com

関連イベント
2019年2/23(土)・2/24(日)

『ルートヴィヒに恋して』舞台挨拶決定!

もはや年末の風物詩になりつつあるベートーベンの「第九」。この曲に魅せられた神戸や姫路を中心として合唱団に所属する人々の姿を追ったドキュメンタリー映画『ルートヴィヒに恋して』。小学生から100歳まで、年齢も性別もバラバラ、いわゆる”シロウト”がなぜ「第九」を唄うのか。その姿から見えてくるものとは。本作の上映を記念して金素栄監督、そして出演者による舞台挨拶が決定しました。本作は神戸先行公開。その門出を皆さんで一緒にお祝いしましょう。

日時
2/23(土)、2/24(日)12:40回/dd>
登壇者
金素栄監督、出演者のみなさま

※当日映画を観られた方対象、参加無料
※混雑の可能性あり。当日のチケットの購入方法などは以下をご覧ください。

関連イベント
2019年3/2(土)・4(月)・6(水)

『想像だけで素晴らしいんだ -GO TO THE FUTURE-』豪華舞台挨拶開催決定!

幅広い楽曲と情熱的でユニークな詞で人気の関西の4人組ロックバンド「PAN」。結成20周年を記念して制作した楽曲「想像だけで素晴らしいんだ」をモチーフに、大阪芸大出身で俳優としても活躍する新鋭監督・アベラヒデノブが映画化した『想像だけで素晴らしいんだ -GO TO THE FUTURE-』。公開を記念して、PANのみなさんと、人気イラストレーターで出演もしている原田ちあきさん、豪華スペシャルゲストの舞台挨拶を開催します!

日時
3/2(土) 19:50の回上映終了後
登壇者
PAN(川さん、ゴッチ、ダイスケ、よこしん)、原田ちあきさん

日時
3/4(月) 19:50の回上映終了後
登壇者
川さん+よこしん(PAN)、森田剛史+日野亮(セックスマシーン !!)、コザック前田(ガガガSP)

日時
3/6(水) 19:50の回上映終了後
登壇者
ゴッチ+ダイスケ(PAN)、うっちー(EGG BRAIN)、やっさん(超能力戦士ドリアン)

※当日映画を観られた方対象、参加無料

関連イベント
2019年3/9(土)・10(日)

若手俳優にスポットをあてる新たな上映企画「the face」開催決定!第1弾は新進俳優・品田誠

いつか映画の“顔”になるように―。今後の活躍が楽しみな俳優にスポットをあてる、新たな上映企画「the face」。東京での好評を受け、神戸でも開催!毎回1人の若手俳優を厳選して、映画のフィールドでどんな足跡を残してきたのかスクリーンで振り返り、今後の活躍に思いを馳せます。
記念すべき第1回では、俳優・品田誠をピックアップ。主演作品を中心に、自らが監督を務めた作品も合わせて日替わりプログラムでお届けします。

上映プログラム


3/9(土)
12:30
『なけもしないくせに』2016年/85分/監督:井上真行
14:30
『Dear』2017年/10分/監督:品田誠/出演:洪潤梨(現・秋乃ゆに)
『太宰橋』2017年/21分/監督:今尾偲
『ただ・いま』2018年/38分/監督:アベラヒデノブ
3/10(日)
12:30
『なけもしないくせに』2016年/85分/監督:井上真行
14:30
『Dear』2017年/10分/監督:品田誠/出演:洪潤梨(現・秋乃ゆに)
『太宰橋』2017年/21分/監督:今尾偲
『ただ・いま』2018年/38分/監督:アベラヒデノブ

※☆全プログラム品田誠さん舞台挨拶あり!
※各回10分前に受付開始・開場

料金

当日
一般1500円/シニア1100円/学生1000円/神戸映画サークル会員1000円
前売回数券
4枚3000円/2枚2000円
※販売は3/8(金)まで

※☆シークレットプレゼント付き

会場

元町映画館2Fシアタールーム

公式サイト→

品田誠プロフィール


1992年3月2日生まれ、北海道出身。
『Lemon & Letter』ではミラノ国際フィルムメーカー映画祭、ベルリン国際フィルムメーカー映画祭で最優秀主演男優賞(外国語映画部門)を受賞。ほかに3時間越えの群像劇『恋愛依存症の女』、東京国際映画祭で注目を浴びた『飢えたライオン』など、話題作に出演を重ねる。また、監督としても短編を発表し、かさま映像コンペティションでグランプリ、札幌国際短編映画祭、湖畔の映画祭などに入選。監督最新作『不感症になっていくこれからの僕らについて』は新人監督映画祭の助成を受けて制作された。札幌、旭川でも特集上映会「品田誠映画祭」が開かれるなど、両面で注目を集めている。

関連イベント
2019年2/23(土)

『21世紀の女の子』映画チア部による《シネマツーリング》開催!

関西のミニシアターの魅力を伝えるべく結成された、学生による学生のための映画宣伝チーム【映画チア部】による企画、シネマツーリング。当日劇場最寄りの駅で集合し、劇場に到着したらそれぞれお好きな席で映画を鑑賞。観賞後は交流会で映画の話をたっぷり楽しみます。学生限定で毎回おひとりで参加される方が多く、初めての方でも気軽に参加していただけます。
今回は、『溺れるナイフ』『おとぎ話みたい』の山戸結希監督が企画・プロデュースを手掛け、自身を含む1980年代後半から90年代生まれの新進女性映画監督15名がメガホンをとった短編オムニバス映画『21世紀の女の子』で開催します。監督だけでなく、出演している女優陣も橋本愛、唐田えりか、松井玲奈、石橋静河など若手の注目株ばかり。
「ミニシアターにひとりで行くのは不安」「映画の話ができる友だちがほしい」…そんな学生さんたち、ぜひこの機会にお越しください!

開催日時
2/23(土) 『21世紀の女の子』19:40の回(19:10JR元町駅集合)
※必ず学生証をご持参ください。
鑑賞作品
『21世紀の女の子』2019年/日本/117分
公式サイト→
鑑賞劇場
元町映画館

詳細・お問合せ・お申込
映画チア部→

関連イベント
2019年3/9(土)〜3/22(金)

“ヌーヴォー・ロマン”の旗手アラン・ロブ=グリエ、日本初公開含む幻の映画監督作6本を一挙公開【アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ】開催決定!

1953年「消しゴム」で小説家デビュー、“実存主義”に続く新たな文学運動“ヌーヴォー・ロマン”の旗手として話題作・問題作を発表し続け、60年代から映画製作にも乗り出し生涯で10本の映画を監督したアラン・ロブ=グリエ。その過激でスキャンダラスな内容ゆえ、いまだに本国フランス以外で公開されることがあまりないロブ=グリエの日本未公開作5本を含む6作品を一挙上映!この機会に、アラン・ロブ=グリエの【迷宮(ワンダーランド)】=【映画(ファンタズム)】を体感してください。

上映期間
3/9(土)~3/22(金)
上映スケジュールはこちら→
上映作品
『不滅の女』1963年/101分
『ヨーロッパ横断特急』1966年/95分
『嘘をつく男』1968年/95分
『エデン、その後』1970年/98分
『快楽の漸進的横滑り』1974年/106分
『囚われの美女』1983年/85分

関連イベント
2019年3/9(土)

【アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ】『快楽の斬新的横滑り』にてスペシャルトーク開催決定!

“実存主義”に続く新たな文学運動“ヌーヴォー・ロマン”の旗手として話題作・問題作を発表し続け、60年代から映画製作にも乗り出し生涯で10本の映画を監督したアラン・ロブ=グリエ。本国フランス以外で公開されることがあまりないロブ=グリエの日本未公開作5本を含む6作品を一挙上映する【アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ】。初日の『快楽の漸進的横滑り』上映後、フランス文学者の鈴木創士さんと大阪芸術大学教授の瀧本雅志さんによるスペシャルトークを開催します。

トーク「快楽は可能なのか」

日時
3/9(土)『快楽の漸進的横滑り』20:00の回上映終了後
登壇者
鈴木創士さん(フランス文学者、ミュージシャン)
瀧本雅志さん(大阪芸術大学教授、表象文化論)

※いずれも当日映画を観られた方対象、参加無料

関連イベント
2019年3/16(土)・30(土)

ファスビンダー監督の挑戦的作品『13回目の新月のある年に』『第三世代』にてスペシャルトーク開催決定!

ニュー・ジャーマン・シネマの旗手、ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー。男性から女性へと性転換したエルヴィラの最期の5日間を、様々なイメージをセンセーショナルに提示しながら描くファスビンダー最大の問題作『13回の新月のある年に』。革命への理念を持たず、目先のスリルだけを追い求めるテロリストたちを、言葉と音の叛乱により描くファスビンダー作品の中で最も難解で自由な『第三世代』。そのフィルモグラフィーの中で最も挑戦的な2作品の公開を記念して、ドイツ映画研究者でこの2作品の翻訳も手がけた渋谷哲也さんにお越しいただき、作品を読み解くスペシャルトークを開催します。

『13回の新月のある年に』

日時
3/16(土) 13:00の回上映終了後
会場
元町映画館2Fイベントスペース
登壇者
渋谷哲也さん(ドイツ映画研究/本作字幕翻訳)

『第三世代』

日時
3/30(土) 13:10の回上映終了後
会場
元町映画館2Fイベントスペース
登壇者
渋谷哲也さん(ドイツ映画研究/本作字幕翻訳)

※いずれも当日映画を観られた方対象、参加無料

関連イベント
2019年3/24(日)

『モアナ 南海の歓喜』ピアノ生演奏付き上映開催決定!

『極北のナヌーク』で知られるドキュメンタリー映画の父、ロバート・フラハティが、南太平洋サモア諸島で暮らすルペンガ一家の息子・モアナの結婚を記録した1926年の『モアナ』。当時3歳で両親とともにサモアに滞在したフラハティの娘モニカが、多くの住民たちの協力を得て音声を加えた『モアナ 南海の歓喜 サウンド版』を1980年に完成、さらに今回デジタリリストア版として蘇りました。
公開を記念して、サイレント映画演奏家の鳥飼りょうさんのピアノ生演奏付き上映を開催します。本作の生演奏付き上映は本邦初!サウンド版を観られた方も、ぜひこの特別な機会にお越しください。

日時
3/24(日) 12:50の回
料金
2,000円均一
※この回のみ、招待券・5つたまったスタンプカードはご使用いただけません。
生演奏
鳥飼りょうさん
|プロフィール|サイレント映画伴奏者。ピアノ、パーカッション、トイ楽器等を演奏。
全ジャンルの映画に即興で伴奏をつけ、これまでに演奏した作品数は400を超える。映画に寄り添うその演奏は好評を博し、国内・海外の映画祭にも招聘されている。また、オーケストラへの客演やダンスとの即興演奏にも取り組むなど、多彩な活動を展開。
現在、年間100公演以上のサイレント映画伴奏を行っており、最も上映会で演奏する伴奏者のうちのひとりとして活動。

Facebook →
Twitter →

関連イベント
2019年3/10(日)

『津軽のカマリ』舞台挨拶&演奏開催決定!

津軽三味線の巨星、故初代 高橋竹山。幼少期に視力を失い、貧しい暮らしの中で三味線の腕を磨き「津軽の匂いがわき出るような音」を求めた竹山の、残された映像や音声、周囲の人々へのインタビューにより彼の人生や心模様を呼び覚ましていくドキュメンタリー『津軽のカマリ』。公開を記念して、竹山の最後の内弟子となった高橋竹童さんの舞台挨拶&演奏を開催します。

日時
3/10(日) 10:00の回上映終了後
登壇者
高橋竹童さん(津軽三味線奏者)

※当日映画を観られた方対象、参加無料

関連イベント
2019年2月21日(木)

映画で英語を楽しく学びませんか?【ENGLISH CAFE at 元町映画館 レッスン7】開催

ベビーマッサージ&ベビーヨガ教室、おやこえいごなどを定期的に開催している団体「Kobe Family Labo」。こちらで活躍中のスタッフさんのご協力で映画館で英語を体験する時間が「ENGLISH CAFE at 元町映画館」。映画と組み合わせることで英語を楽しく学びます。英語が苦手な方や初心者の方でもお気軽にご参加いただけます。今回は大人も子どもも楽しめる巨匠スティーブン・スピルバーグ監督作品『E.T』です。分かりやすい英語がたくさん出てくる本作。ぜひ親子でお楽しみください。

開催概要

タイトル
ENGLISH CAFE at 元町映画館 レッスン7
日時
2019年2月21日(木) 10:30~12:00
受講料
¥1000/1回
場所
元町映画館2階ロビー(神戸市中央区元町通4丁目1-12)
定員
15名
参考映画
『E.T』
(監督:スティーブン・スピルバーグ/1982年/アメリカ/115分/E.T. the Extra-Terrestrial)

講師

田中亜紀さん
英語講師。中学生の時アメリカ旅行で自分の習いたての英語が通じて英語にはまる。芦屋南高校国際文化科(現芦屋国際高校)卒業、日本の大学卒業後2年間アメリカに留学、帰国後、外資系ホテルフロントで国内外のお客様の接客に従事。
現在、こども英語教室主宰。自身の教室以外でもおやこえいご、大人向け英語講座などを開講。TOEIC 910点。

申し込み方法

必要事項を明記の上、(akirabbit722@gmail.com)までお送りください。
①件名:ENGLISH CAFE at 元町映画館 レッスン6 申し込み
②参加者のお名前
③好きな映画
④お子様連れの場合は年齢と参加人数
※申込締切:2月20日(水) 12時00分

関連サイト

Yahoo!映画
田中亜紀さんによるブログ
Kobe Family Labo

関連イベント
2019年2/24(日)

『共犯者たち』スペシャルトーク開催決定!

国民の支持を失いかけメディアへの露骨な政治介入を始めた2008年韓国の李明博政権。公営放送局MBCを不当解雇されたチェ・スンホ監督らは独立メディア「ニュース打破」を立ち上げ、言論弾圧の主犯である大統領と、権力に迎合した放送業界内の“共犯者たち”をカメラの前に立たせて、その実態と構造を明らかにしていく…。メディアの存在意義をかけたジャーナリストたちの抵抗を描いたドキュメンタリー『共犯者たち』の公開を記念し、昨年4月に「ソウルの市民民主主義 -日本の政治を変えるために」を刊行された白石孝さんをお招きして映画の後にお話しいただきます。

トーク「韓国で進む市民民主主義」

日時
2/24(日)『共犯者たち』15:20の回上映終了後
会場
元町映画館2Fイベントルーム
登壇者
白石孝さん(NPO法人官製ワーキングプア研究会理事長)

※当日映画を観られた方対象、参加無料

関連イベント
2019年2/9(土)〜3/1(金)

ここから始まる映画史がある—【次世代映画ショーケース 2019】開催決定!

次々と生み出されるインディペンデント映画の中から、次世代の映画史を担う存在になるであろう傑作をセレクト・紹介し、関西でインディペンデント映画の価値を創出していくことを目的に企画した【次世代映画ショーケース】。2月に京阪神3劇場で関西未公開の作品を含めた特集上映を開催します。ミニマルな素材と手法で、豊かな芸術経験をもたらすインディペンデント映画の可能性を、この企画を通じて、体感してください!

上映日程

2/9(土)~2/15(金) シネ・ヌーヴォ →
2/16(土)~2/22(金) 元町映画館 →
2/23(土)~3/1(金) 出町座 →

上映作品

『鉱 ARAGANE』2015年/監督:小田香
『枝葉のこと』2017年/監督:二ノ宮隆太郎
『王国(あるいはその家について)』2018年/監督:草野なつか
『泳ぎすぎた夜』2017年/監督:五十嵐耕平、ダミアン・マニヴェル
『カオティックライフ オブ ナダ・カディッチ』2018年/監督:マルタ・エルナイス・ビダル
『Noise』2018年/監督:松本優作
『プールサイドマン』2016年/監督:渡辺紘文
『わたしたちの家』2017年/監督:清原惟
(五十音順)

※劇場により異なります

イベント情報

2/16(土)
『Noise』17:10の回上映終了後、松本優作監督舞台挨拶
2/17(日)
『王国(あるいはその家について)』18:50の回上映終了後、草野なつか監督+丹生谷貴志さん(文芸評論家・神戸市外国語大学教授)トーク
2/18(月)
『鉱 ARAGANE』19:00の回上映終了後、小田香監督舞台挨拶
2/20(水)
『枝葉のこと』19:30の回上映終了後、小笠原博毅さん(神戸大学大学院国際文化学研究科教授)トーク
2/21(木)
『わたしたちの家』19:00の回上映終了後、瀧本雅志さん(大阪芸術大学教授・表象文化論)

料金

当日一般1500円 ほか割引など通常通り
※招待券、5つたまったスタンプカードはご利用いただけません

公式サイト →





お知らせ
2018年2月

元町映画館スタッフが
レギュラーでラジオに出演中。

当館の広報スタッフをはじめ、
劇場スタッフが下記ラジオ番組にて出演中。
映画の面白さを発信しております。
劇場招待券などリスナープレゼントもあり。
ぜひお聴き逃しなく!!

BAN-BANラジオ

番組名
「ウキバンFRIDAYの1コーナー Cinema Cafe Brava」
MC:石川麻優さん
放送局
BAN-BANラジオ
FM86.9MHz
番組内容
観た後に「ブラボー」と言いたくなるような映画情報をお伝えしていきます。
今日も映画好きなお客さんが来てくれますよ~
放送日
1/11(金)13:10頃から15分間
※毎月第2金曜日、生放送
再放送は当日午後9時過ぎから放送
紹介映画
『ルートヴィヒに恋して』
(監督:キム ソヨン/2019年/日本/139分)

ラジオ関西

番組名
「谷五郎の笑って暮らそう」の1コーナー
『元映・宮本のシネマこの1本!』
MC:谷五郎さん(メイン)、
田名部真理さん(アシスタント)
放送局
ラジオ関西
JOCR 558KHz
番組内容
毎週土曜日の午前8時から兵庫県内のオススメ情報、旬な話題などを取り上げながら毎回ゲストを交えての楽しいトークでお送りする2時間の生放送!
土曜日の朝は谷五郎と一緒に笑って暮らそう!
放送日時
3/16(土)9:30〜15分間
※毎月第3土曜日、生放送
紹介映画
『金子文子と朴烈』
(監督:イ・ジュンイク/2017年/韓国/129分/Anarchist from the Colony)

動画配信サービスSHOWROOM

番組名
「狐娘と路上の華」
MC:寺元沙羅さん
番組内容
モデルとしても活躍する寺元沙羅さんをメインMCに身近にある音楽・元町映画館で上映予定の映画を含め「あまり知られていないけれども、どこか光っている」モノやコト、「人や、人がつくったもの」について、ゲストとともに紹介。
配信日
3/25(月)
※毎月第4月曜日20:00~21:30

エフエムみっきぃ

番組名
「もっと映画を観よう!~元町映画館シネマガイド~」
MC:アケさん
放送局
エフエムみっきぃ
76.1MHz
番組内容
三木市には映画館がありません。映画を観ようと思ったら、車や電車で1時間くらい移動しなければなりません。でも、時間とお金をかけても、映画には魅力があります。三木市の皆さんにもっと映画を観て頂きたく、今月から始まったこのコーナーは、神戸元町4丁目にある、元町映画館の方に電話を繋いで、現在公開中の映画、近々公開される作品の紹介など、映画の魅力をたっぷりお聞きします。
放送日時
3/12(火)18:00~18:15
※※毎月第2火曜日、生放送
紹介映画
『YUKIGUNI』
(監督:渡辺智文/2018年/日本/87分)

関連サイト

BAN-BANラジオ →
ラジオ関西 →
『ルートヴィヒに恋して』公式Facebook →
『金子文子と朴烈』公式サイト →
『YUKIGUNI』公式サイト →
寺元沙羅さんTwitter →
寺元沙羅さんInstagram →
SHOWROOM →
エフエムみっきぃ →
 

※リスナープレゼントあり。
生放送のため、当日の内容は変更になることもございます。
予めご了承ください。

お知らせ
毎週木曜日

元町映画館ほぼ初冠ラジオ番組「シネマルネサンス」放送中

元町映画館ほぼ初冠ラジオ番組「シネマルネサンス」放送中
神戸のコミュニティFM局「FM MOOV」より文化を発信、取り入れるラジオ番組「シネマルネサンス」が放送中です。MCは当館スタッフの宮本裕也、音楽家の安井麻人さん、美術作家のキムラユウナさん。映画紹介や神戸で活躍するゲストと一緒にトークも展開。この番組でしか聴けないトークをぜひお楽しみください。また番組を応援してくれるサポーターも募集中。リスナーからのメッセージもじゃんじゃん募集中。番組内でご紹介したメッセージにはリスナープレゼントもお送りします。全国のみなさまどうぞお聴きください。一緒に神戸を盛り上げましょう!!

放送局
FM MOOV KOBE
番組名
「シネマルネサンス」
放送日
毎週木曜日18:00から30分間

2月の放送内容

2/21(木)
前半:『21世紀の女の子』
後半:『ルートヴィヒに恋して』
ゲスト:金素栄監督

関連サイト

番組公式twitter
番組公式facebook
音楽事務所ministudio twitter
キムラユウナツイッター
「FM MOOV KOBE」視聴方法/リスナープレゼント申込
ITAKURECORD公式Twitter

お知らせ
2018年8月18日(土)~

元町映画館オリジナルグッズ販売!

この8/21に、元町映画館は8歳の誕生日を迎えます。

これを記念して、初めての(!)オリジナルグッズを作り、販売することが決定しました!

スケジュールチラシの表紙やスタンプカードなど、元町映画館開館以来ずっと素敵なイラストを描き続けてくれている朝野ペコさんがデザインを手がけ、映画チア部の水野遥さんが1枚1枚手で刷ってくれたもの。

スタッフも自信を持ってオススメできる商品ばかりです。

8/18(土)から販売開始、どうぞお楽しみに!

※手刷りのため、自然なプリントズレ、かすれ、滲みが発生する場合があります。

あらかじめご了承ください。

商品ラインナップ

Tシャツ
(サイズ:Girls-M/S/M)各2,000円
ミックスグレー×黒/スミ×白/バニラホワイト×赤/ネイビー×黄
サコッシュ
1,500円

本日の上映作品

Tweets