トピックス

お知らせ
2017年10月~2019年2月予定

隣地マンション建設工事に伴う重要なお知らせ

元町映画館の東隣の敷地に12階建てのマンションが建つことになり、10月より建設工事が始まっております。

工事期間
2017年10月~2019年2月予定
工事時間
月~土曜の8:00~18:00予定
施工業者
生和コーポレーション株式会社

担当者:細川英一 連絡先:TEL078-333-1730


工事による騒音で映画鑑賞が妨げられることへの影響を軽減すべく劇場内の防音工事を自主的に実施いたしましたが、完全に防ぎきれるものではありません。特に基礎工事中の2018年2月までは、大きめの騒音や振動が劇場内にも影響することが考えられます。
現状、通常通り営業を続けていく予定ですが、工事終了まではご迷惑をおかけいたします。施工業者とは対策も話し合っておりますが、工事期間中も状況に応じて密に連絡を取り合い、随時対応してまいります。たいへん申し訳ございませんが、あらかじめご了承くださいませ。

また、お客さまからのご意見を頂戴する専用のメールアドレスを開設いたしました。工事の影響に関すること、またそれ以外でも結構です。些細でも気になったことをお気軽にお寄せください。
customer@motoei.com

お知らせ

『スパイナル・タップ』来場者プレゼント決定!

『スタンド・バイ・ミー』『恋人たちの予感』のロブ・ライナー監督による、“ロキュメンタリー”(ロック+モキュメンタリー)『スパイナル・タップ』が34年の時を経てまさかの日本初公開!公開を記念して、ギターやベースのアンプメーカーとして名高い〈Marshall〉のロゴステッカーを来場者にプレゼントします!ロック好きは必見!
※限定数、先着順。なくなり次第終了します。

関連イベント
2018年7月19日(木)

ENGLISH CAFE at 元町映画館 レッスン2

ベビーマッサージ&ベビーヨガ教室、おやこえいごなどを定期的に開催している団体「Kobe Family Labo」。こちらで活躍中のスタッフさんのご協力で映画館で英語を体験する時間が「ENGLISH CAFE at 元町映画館」。映画×英語を組み合わせながら英語を楽しく学びます。英語の能力は関係なし。お茶をしながら今回は参考映画としてパルシネマしんこうえんにて上映予定の『スリー・ビルボード』のオススメフレーズなどもご紹介。これを受ければきっとあなたは映画も英語も好きになる。一緒に楽しく英語を学びましょう。

開催概要

日時
2018年7月19日(木) 10:30~12:00
受講料
¥1000/1回
場所
元町映画館2階待合室(神戸市中央区元町通4丁目1-12)
定員
15名
参考映画
『スリー・ビルボード』(監督:マーティン・マクドナー/2017年/イギリス/116分/Three Billboards Outside Ebbing, Missouri)
講師
田中亜紀さん
英語講師。中学生の時アメリカ旅行で自分の習いたての英語が通じて英語にはまる。芦屋南高校国際文化科(現芦屋国際高校)卒業、日本の大学卒業後2年間アメリカに留学、帰国後、外資系ホテルフロントで国内外のお客様の接客に従事。現在、こども英語教室主宰。自身の教室以外でもおやこえいご、大人向け英語講座などを開講。TOEIC 910点。

申し込み方法

下記必要事項を明記の上、(akirabbit722@gmail.com)までお申し込みください。
①件名:ENGLISH CAFE in 元町映画館 レッスン2 申し込み
②参加者のお名前
③好きな映画
④お子様連れの場合は年齢と参加人数
※申し込み〆切 7月18日(水) 12時00分

関連サイト

『スリー・ビルボード』公式サイト
パルシネマしんこうえん
※『スリー・ビルボード』はパルシネマしんこうえんにて7/13(金)~7/24(金)までの上映となります。当館での上映はございません。ご了承ください。
田中亜紀さんによるブログ
公式サイト
Kobe Family Labo

関連イベント
2018年8月18日(土)~8月24日(金)

祝「元町映画館8周年」×「南京町生誕150年」記念、特集上映開催決定!!

元町映画館は8月21日で8周年を迎えます。その記念日に合わせて、当館では毎年、“周年企画”と題した独自の特集上映を企画、実施しております。毎年テーマを決めて開催する特集上映を今年は劇場近くの神戸・南京町と一緒に盛り上げることになりました。南京町は今年で生誕150年をむかえ、様々なイベントを実施しています。映画館が町と一緒に盛り上げる初めての試みとなります。ミニシアターでは滅多に上映できないような名作も上映。この機会にぜひ映画にご飯に「町」をお楽しみください。

上映作品 作品詳細 鑑賞料金 備考
ドラゴンへの道 監督:ブルース・リー/1972年/香港/99分/The Way of The Dragon 1500円均一
(サービスデーやシニア料金など通常のサービス料金適応なし。招待券やスタンプ5つたまったものもご使用不可)
※広東語、インターナショナル版での上映
幽幻道士(キョンシーズ) 監督:チャオ・ツォンシン/1985年/台湾/94分/殭屍小子 一般1500円
(その他サービスデーなどは適用)
※日本語吹き替え版での上映
恋人たちの食卓 監督:アン・リー/1994年/台湾/124分/飲食男女

タイアップ協力店舗(すべて南京町内)

民生 廣東料理店
内容:蒜香 莧菜湯(オリジナルメニュー)
中華料理 劉家荘
内容:中華ちまき(オリジナルメニュー)
群愛茶餐廳
内容:プリンパイ1つプレゼント
フランス菓子 エストローヤル
内容:\300(税込)以上のお買い上げの方にシュー・ア・ラ・クレーム(\190相当)を1つプレゼント
老祥記雑貨「月龍」(ムーン・ドラゴン)
内容:映画をご覧になったお客様に「世界の国旗ポストカード」プレゼント(1日10名様限定。絵柄はお選びいただけません)
その他店舗
大同行・台湾タンパオ南京町店、含め計8店舗が参加予定。

※タイアップ期間は8/18~8/24を予定。詳細決まり次第随時更新予定。
各店舗のサービス内容は予告なく変更する可能性もございます。ご了承ください。

「元町映画館8周年」×「南京町生誕150年」記念、特集上映

日時
2018年8月18日(土)~8月24日(金)
会場
元町映画館(兵庫県神戸市中央区元町通4丁目1-12)
休館日
なし
主催
元町映画館
共催
(有)民生、(株)劉家荘
後援
南京町生誕150年記念事業実行委員会、神戸市観光局
関連リンク
南京町公式サイト →

マスコミの方でご取材希望のかたはこちらをご確認の上、お手数ですがお問い合わせください。
プレス説明会用資料

関連イベント
2018年8月11日(土)

『日曜日の散歩者 わすれられた台湾詩人たち』スペシャルトーク開催決定!

1930年代、日本統治下の台湾に出現したモダニズム詩人団体「風車詩社」。日本語で新しい台湾文学を生み出そうとしながら、戦後大きな時代の渦の中で迫害を受け埋もれていった創作者たちの姿を描いた『日曜日の散歩者』。公開を記念して、スペシャルトークを開催します!

「芸術を忘却した街の詩人たち−台湾の古都・台南の文学」

日時
8/11(土) 12:40の回上映終了後
会場
元町映画館2Fイベントルーム
登壇者
大東和重さん(関西学院大学教授/比較文学者)

※当日映画を観られた方対象、参加無料

お知らせ
2018年7月7日(土)

映画チア部学生限定企画〈シネマツーリング〉7/7(土)『彼の見つめる先に』にて開催!

関西のミニシアターの魅力を伝えるべく結成された、学生による学生のための映画宣伝チーム【映画チア部】による企画〈シネマツーリング〉。当日劇場最寄りの駅で集合し、劇場に到着したらそれぞれお好きな席で映画を鑑賞。観賞後は近くのカフェなどで感想などを楽しくおしゃべりします。毎回おひとりで参加される方が多く、小規模で和気あいあいと開催しているので初めての方でも安心です。
今回は、大人の入口に立つティーンエイジャーの揺れ動く感情を瑞々しく映し出したブラジル発の青春映画『彼の見つめる先に』で開催。「ミニシアターにひとりで行くのは不安」「映画の話ができる友だちがほしい」…そんな学生さんたち、ぜひこの機会にお越しください!

日時とスケジュール

15:20
JR元町駅西出口集合
15:50
『彼の見つめる先に』鑑賞
17:50
交流会
19:00
解散予定

鑑賞作品

『彼の見つめる先に』2014年/ブラジル/96分
公式サイト→

鑑賞劇場

元町映画館

参加特典

参加者全員に映画のオリジナルグッズ(非売品)をプレゼント!
来場者プレゼントの素敵なポストカードももらえます。

詳細・お問合せ・お申込

映画チア部→

お知らせ
2018年6月16日(土)~2018年7月6日(金)

『殺人者の記憶法』と、
バージョンの異なる『殺人者の記憶法:新しい記憶』連続上映!
割引券で2作品とも楽しもう!

アルツハイマーになった元連続殺人鬼が、愛娘に近づく新たな殺人鬼の出現により、忘れていたはずの殺人の習慣が蘇るスリリングな攻防を描いた『殺人者の記憶法』。
この通常バージョンに新しい場面を多数追加し、ストーリーが異なる別バージョンの『殺人者の記憶法:新しい記憶』も連続で上映いたします!
どこが異なるのか、そして真実はいったいどこにあるのか?
『殺人者の記憶法』(通常バージョン)をご鑑賞の方全員に、『殺人者の記憶法:新しい記憶』ご鑑賞時に使える割引券をプレゼントします。
ぜひ両作ともご覧になってお楽しみください。

上映日程

『殺人者の記憶法』
6/16(土)~6/29(金)
『殺人者の記憶法:新しい記憶』
6/30(土)~7/6(金)

割引券プレゼント

元町映画館で『殺人者の記憶法』をご鑑賞いただいた方全員に、『殺人者の記憶法:新しい記憶』を1,000円でご鑑賞できる割引券をプレゼント!
この機会にぜひ、2作品ともお楽しみください。
※元町映画館で上映期間中のみ有効、他作品にはご使用いただけません

関連イベント
2018年7月14日(土)

〈社会〉と〈個〉の関わりを問い続ける木村文洋監督、最新作『息衝く』初日舞台挨拶開催決定!

ある政権与党の政治団体でもあり、大新興宗教団体でもある〈種子の会〉で育った2人の男と1人の女を巡る、3.11以後の理想なき社会で各個人がいかに希望を持ち生きていくかを鋭い視点で描いた『息衝く』。公開を記念して、初日上映後に木村文洋監督の舞台挨拶が決定しました!

日時
7/14(土) 20:10の回上映終了後
登壇者
木村文洋監督

※当日映画を観られた方対象、参加無料

関連イベント
2018年7月7日(土)

ラップで“自分の言葉”を獲得していく少女の成長を描いた『大和(カリフォルニア)』宮崎大祐監督舞台挨拶開催決定!

戦後米軍基地とともに発展してきた神奈川県大和市で、複雑な関係性の中で育ちラッパーを夢見る少女が“語るべき言葉”を獲得していくさまを描いた『大和(カリフォルニア)』。初長編作品『夜の終わる場所』が世界各国の映画祭で絶賛され、イギリス・レインダンス国際映画祭選定の〈今注目すべき日本のインディペンデント映画監督7人〉にも選ばれた宮崎大祐監督が、初日上映後に舞台挨拶に来てくださることが決定しました!

日時
7/7(土) 20:10の回上映終了後
登壇者
宮崎大祐監督

※当日映画を観られた方対象、参加無料

お知らせ
2018年7月13日(金)

レココン第四回「ベル・アンド・セバスチャン」を聴く、レコードコンサート

7/7(土)から元町映画館にて上映『彼の見つめる先に』。公式サイトにあるように本作に欠かせないのが「音楽」。登場人物の人生を彩る曲の中でも光るスコットランドの人気バンド「ベル・アンド・セバスチャン」の“トゥー・マッチ・ラヴ”。本作を思い出すくらい印象的な楽曲を含むアルバムを聴くこのレコードコンサートを通して作品への理解を深めるイベントです。会場は会員制の音楽図書館「salle de musique:phonotéque(音楽室:フォノテーク)」。良い音楽の下、軽食とともに映画や曲についての感想を共有しませんか?

具体的内容

名称
レココン第四回「ベルセバ」を聴く、レコードコンサート
日時
2018年7月13日(金曜日)19時30分~(21時00分終了予定)
会場
salle de musique:phonotéque (音楽室:フォノテーク)
〒650-0021
兵庫県神戸市中央区三宮町3丁目1-16 三星ビル5階南室
TEL 078-599-8583
メール info@phonotheque.info
定員
10名
申し込み方法
件名に「ベルセバ音楽予約」、本文に「氏名」「参加人数」「電話番号」をご記入の上、フォノテークまでメール(info@phonotheque.info)でお申し込み。定員に達し次第、受付終了。
参加費
1500円

※会場にて「映画を観てきました」と言っていただくと1000円(要劇場半券)
※本作の前売券(@1400円クリアファイル付)+イベントセット券2400円(イベント当日会場にて販売)
※1ドリンク付き
※フォノテーク会員はドリンク代のみの参加可

ゲスト
安井麻人(ministudio音楽家)
紹介映画
『彼の見つめる先に』
(監督:ダニエル・ヒベイロ/ブラジル/2014年/96分/Hoje Eu Quero Voltar Sozinho)
上映期間
7/7(土)~7/20(金)
視聴アルバム
「Fold Your Hands Child, You.」(2000年/40分)

『彼の見つめる先に』 公式サイト →

フォノテーク公式Facebook →

過去のレココンの模様はこちらから

第三回「ミュージカル音楽」編 →
第二回「イスラーム音楽」編 →
第一回「デヴィッド・リンチ」編 →

お知らせ

8月21日で元町映画館は8周年、特集上映開催決定!

おかげさまで、当館は8月21日で8周年を迎えます。これもいつも支えていただいているお客様のおかげです。本当にありがとうございます。
この周年に合わせた特集上映…今年ももちろんご用意しております。
気になる上映作品は下記日程で発表予定です。お楽しみに!!

元町映画館 8周年特集上映(仮)

上映作品発表
6/15(金)18:00ごろから当館twitterにて
元町映画館twitter →
上映期間
8/18(土)~8/24(金)

過去の周年(イベントなど)の模様はこちらから。

6周年 →
5周年プレイベント →
映画版ビブリオバトル →
4周年ブログ →

お知らせ
2018年6月16日(土)~2018年6月24日(日)

シリア人たちが物語を語る『カーキ色の記憶』/緊迫するシリア情勢に合わせ緊急上映会開催!

シリアの悲劇は2011年に始まったわけではない—。1980年代、アサド体制に反発して国を去った当時の若者たちが語る体験を、監督自身の物語と重ね合わせてフィクションとドキュメンタリーで描き、2017年山形国際ドキュメンタリー映画祭最優秀賞に輝いた映画『カーキ色の記憶』。米英仏の攻撃でさらに緊迫するシリア情勢のなか、本作の緊急上映会開催が決定しました。映画を通して、本当の世界の姿を知っていただける機会になればと願っています。

上映作品

『カーキ色の記憶』
2016年/アラビア語/108分
公式サイト→

上映&イベントスケジュール

6/16(土) 18:45開場|19:00上映|21:00トーク(21:50頃終了予定)
★上映後、岡崎弘樹さん(本作字幕制作/アラブ政治思想・シリア文化研究)×アルフォーズ・タンジュール監督(Skype中継)トーク

6/17(日) 12:45開場|13:00上映|15:00トーク(15:50頃終了予定)
★上映後、田中恵子さん(難民支援団体RAFIQ代表)トーク「関西にも難民がたくさん住んでいます」

6/23(土) 12:45開場|13:00上映|15:00トーク(15:50頃終了予定)
★上映後、岡崎弘樹さん×シリア人作家イブラヒーム・サミュエルさん(本作出演/Skype中継)トーク

6/24(日) 14:45開場|15:00上映(16:50頃終了予定)

会場

元町映画館 2Fイベントルーム(30席)
※劇場ではありませんのでご注意ください

料金

一般1,500円/学生1,000円(それ以外の割引はありません)

予約受付

元町映画館まで、お電話かメールでご連絡ください。受付先着順、各日定員に達し次第受付終了します。お席に余裕があれば、当日受付もいたします。
元町映画館
TEL: 078-366-2636
MAIL: event_motoei@yahoo.co.jp

お知らせ

『彼の見つめる先に』2週連続来場者プレゼント決定!

恋する気持ちは、目に見えない―。ブラジルから届いた、爽やかでキュートな胸キュン青春映画『彼の見つめる先に』公開を記念して、なんと2週連続!来場者プレゼントが決定しました。7/7(土)と7/14(土)からそれぞれご来場の方に、先着で非売品のオリジナルポストカードをプレゼントいたします(7/7より【A】タイプ、7/14より【B】タイプを配布)。
映画の中でも印象的な、レオとガブリエルの心が触れ合うシーンの中から、甘酸っぱい気持ちになること間違いなし!の2パターンをご用意。いずれも非売品の限定デザインですのでお見逃しなく!
※限定数、先着順。なくなり次第終了します。

お知らせ

一緒にラジオで映画を盛り上げませんか?
FM MOOV KOBE「シネマルネサンス」サポーター大募集!!

今年の4月より放送中のラジオ番組「シネマルネサンス」。毎回、映画を切り口に神戸から文化を、そして神戸の皆様に文化情報を届けてきました。情報をただ伝えるだけでなく、映画業界で活躍される方々をゲストに現場の生の声もお届けしてまいりました。そんな「シネマルネサンス」を応援していただけるサポーターを大募集いたします!!あなたの映画、文化への想いをラジオで発信できるかもしれません。ぜひご一緒に映画、文化を盛り上げていきましょう!!

FM MOOV KOBE「シネマルネサンス」サポーター募集要項はこちらから →
リターン内容はこちらから →

DJ
安井麻人
音楽家、サウンドアーティスト。大阪芸術大学音楽学科卒業後、武庫川女子大学大学院生活環境学科修士課程を修了。CMや企業ロゴ、ショーの音楽制作を手掛ける傍ら、音楽教育機関でも教鞭を取る。テクノユニットA.C.E.、アヴァンミュージックバンドEP-4 unitPのメンバーも務める。
twitter →

ユウナ
関西学院大学文学部卒業、神戸大学大学院修士課程所属。美術作家としても立体作品・セルフポートレート・インスタレーションを使ったアート展示や「奇譚工房」として百貨店等でハンドメイド雑貨販売、執筆分野などで広く活動中。
twitter →

FM MOOV KOBE公式サイト →

お知らせ
2018年6月毎週木曜日

新番組「シネマルネサンス」FM MOOV KOBEにて放送開始!

みなさん、事件です!神戸から「文化」を発信しようと「ミニスタジオ」×「スペースドッグレコード」×「FM MOOV KOBE」協力による新番組が始まりました。その名は「シネマルネサンス」。
この番組では、毎回「映画」を切り口に、その音楽や美術、ファッション、飲食など、広く文化を捉えて、日常、目にしていても気付かない物事や非日常的な話題を、ここ「神戸」から「世界」へ、また「世界」の情報を「神戸」へと発信していきます。番組では毎回、劇場招待券などのリスナープレゼントもご用意。番組へのメッセージもじゃんじゃん募集中!

放送局
FM MOOV KOBE
番組名
「シネマルネサンス」
放送日
毎週木曜日19:15から15分間

6月の放送内容

第1週(6/7)
映画『サファリ』ってどんな映画?
第2週(6/14)
自分と“サファリ”
第3週以降
近日お知らせ

この番組への質問、リスナープレゼントのお申し込みはこちらから→

関連サイト

「ミニスタジオ」
「スペースドッグレコード」
「FM MOOV KOBE」

《ご視聴はこちらから》→

関連イベント
2018年6月23日(土)

『スパイナル・タップ』安田謙一さん×キングジョーさんスペシャルトーク開催決定!

60年代から活躍するブリティシュ・ロックバンド「スパイナル・タップ」がニューアルバムを引っさげて82年に行った伝説の全米ツアーに密着…という元祖“モキュメンタリー”(=架空の人物や出来事に基づいて作られたドキュメンタリー)映画『スパイナル・タップ』。『スタンド・バイ・ミー』『恋人たちの予感』のロブ・ライナー監督による、知る人ぞ知る世界的に評価の高いカルト作が34年の時を経てまさかの日本初公開!!
公開を記念して、豊富な知識により音楽映画をさらに楽しく観させてくれる、安田謙一さんとキングジョーさんのスペシャルトークを開催します!【ロックバンドあるある】が凝縮された映画とそれを凌駕するトーク、参加するだけでキミも音楽通に?!

トーク「スパイナル・タップは存在する」

日時
6/23(土) 15:30の回上映終了後
会場
元町映画館2Fイベントルーム
登壇者
安田謙一さん(ロック漫筆家)、キングジョーさん(DJ・画家)

※当日映画を観られた方対象、参加無料

関連イベント
2018年6月23日(土)

『港町』想田和弘監督×内田樹さんトーク開催決定!

台本やナレーション、BGMなどを排した、自ら〈観察映画〉と呼ぶドキュメンタリー作品により国内外で高い評価を得る想田和弘監督。美しくおだやかな小さな海辺の町で暮らす人々の静かな声を記録し、〈観察映画〉の新境地を切り開いた『港町』の公開を記念して、想田和弘監督と思想家の内田樹さんのスペシャルトークを開催します。『港町』での比類なき映画体験は、トークでさらに極致に。ぜひご参加ください!

日時
6/23(土) 17:20の回上映終了後
登壇者
想田和弘監督、内田樹さん(思想家・武道家)

※当日映画を観られた方対象、参加無料

関連イベント
2018年7月7日(土)

『ラッカは静かに虐殺されている』スペシャルトーク開催決定!

2014年6月、“イスラム国”(IS)がシリア北部の街ラッカを制圧。海外メディアも報じることができない惨状を伝えるため、秘密裡に結成された市民ジャーナリスト集団“RBSS”(Raqqa is Being Slaughtered Silently/ラッカは静かに虐殺されている)はスマホを武器に街の真実をSNSに投稿、その発信力を脅威に感じたISはRBSSメンバーの暗殺を計画する…。シリア内戦の驚くべき真実を描くドキュメンタリー『ラッカは静かに虐殺されている』公開を記念して、シリアなど中東地域の人びとの生の声を伝える映像ジャーナリスト・玉本英子さんのトークを開催します。米欧からの攻撃でさらに激震となっているシリアの“今”と“真実”を知る機会としていただけることを願います。

トーク
「RBSSメンバーとIS支配下のラッカ」
日時
7/7(土) 12:20の回上映終了後
会場
元町映画館2Fイベントルーム
登壇者
玉本英子さん(映像ジャーナリスト)

※当日映画を観られた方対象、参加無料

お知らせ

「第5回元町ショートフィルムフェスティバル」開催決定、作品募集開始!

元町商店街が1年で最もにぎわう「元町夜市」に合わせて開催する「元町ショートフィルムフェスティバル」。今年はしないの?という問い合わせ…もちろん今年も実施します。今年は節目となる5回目。キャストによる舞台挨拶をはじめ、「初出し」と題して、作品が生まれる瞬間をみんなで観る部門も設けました。さらに神戸という街に感謝して、「神戸」に関連した部門も新設。ここが新たなクリエイターたちの登竜門になるべく、みなさまのご応募お待ちしております!!

「第5回元町ショートフィルムフェスティバル」開催要項

日時
2018年7月24日(火)20時00分ごろ~およそ3時間
※スケジュールの都合により開始時刻変更の可能性あり
場所
元町映画館
入場料
300円(元町映画館の一般料金が1000円になる割引券つき)

募集要項

募集部門

①only 神戸
・「神戸」に関連した作品
【例】神戸出身の俳優が出演、ロケ地は神戸など…。
②初出し
・映画祭や動画サイトなどに提出しておらず、本映画祭で初めて、世に放たれる作品。
③ジャンル不問、この作品であなたを見せてくれ!
・5周年特別企画。とにかくスクリーンで上映して欲しい想いが詰まった作品。

※いずれもジャンル問わず。上映時間は30分以内とする。
また上映後にキャスト、監督などの舞台挨拶も実施予定(スケジュールの都合上、人数調整の可能性あり)

各部門ともに、下記の応募条件を必ずお守りください。

  • ・上映素材:ネットストレージGiga File便を介しての動画ファイル受け渡しのみ(ダウンロードパスワードを必ずかけること)
  • ・ファイル形式:拡張子 mov あるいは mp4
  • ・画面解像度:1920x1080(シネスコ、スタンダードは上下あるいは左右に黒みを入れる)
  • ・音声形式:ステレオ 2CH または モノラル
  • ・フレームレート:29.97fps(60i)推奨
  • ・黒み:開始と終了にそれぞれ5秒の黒み(無音)を入れる
  • ・上映時間:いずれも30分以内

ご応募はメールにて受付

件名に「第5回元町ショートフィルムフェスティバル 応募」と添えて、

  • ①出品者のお名前
  • ②連絡先(電話番号、メールアドレス)
  • ③応募部門と作品詳細
    ・作品名
    ・監督名
    ・制作年
    ・上映時間
    ・本作のイントロ、あらすじ。
    ※only kobe部門であれば、何が神戸と関係しているかも触れる。
  • ④当日舞台挨拶の可否(劇場への入り時間、登壇者のお名前をフルネーム、読み仮名も。)
  • ⑤本作の場面写真(コピーライト含む)

締め切り

2018年6月17日(日曜日)
上映作品発表(予定)
2018年6月24日(日曜日)

お問い合わせ/応募先

event_motoei@yahoo.co.jp
元町映画館、ショートフィルムフェスティバル担当者まで

お知らせ
2018年4月~6月

ドキュメンタリーとは何か!「池谷薫ドキュメンタリー塾」開講!

ドキュメンタリーは好きだけどイマイチ観かたがわからない――そんなあなたに今年も元町映画館は「池谷薫ドキュメンタリー塾」をお届けします。
世界を映し出す鏡であるドキュメンタリー・・・そこには劇映画に決して引けを取らない奥深い魅力があります。
ドキュメンタリーとは何か。対象との関係はどうやって築くのか。撮影・編集のテクニック。作家の心理状態とドキュメンタリーならではの演出法!
「人間の尊厳」をテーマに数々の国際映画賞に輝く池谷薫監督が毎回自作の上映後に熱く語ります。
昨年度は受講生の中から「撮る」ことに目覚めた人が多数あらわれ、映像制作サークル「元町プロダクション」が結成されました。
神戸から新しい映像文化を発信する――今年もこの塾から目が離せません。
ドキュメンタリーについて深く学びたい方、映像制作に興味のある方、必見です!

カリキュラム

第1回 ドキュメンタリーは“フィクション”である

4/5(木) 鑑賞作品:NHKスぺシャル『黄土の民はいま』

第2回 あくなき“欲望”を撮る

4/19(木) 鑑賞作品:NHKスぺシャル『西方に黄金夢あり』

第3回 人間の“尊厳”とは何か

5/10(木) 鑑賞作品:映画『延安の娘』

第4回 劇映画を超えるドラマ性

5/17(木) 映像クリップを使った『延安の娘』の徹底解説

第5回 セルフドキュメンタリーの真実

5/31(木) 鑑賞作品:映画『ちづる』

第6回 記憶と格闘するドキュメンタリー

6/14(木) 鑑賞作品:映画『蟻の兵隊』

第7回 いかに“共犯関係”を築くか

6/21(木) 映像クリップを使った『蟻の兵隊』の徹底解説

各回19:00スタート(18:45より受付開始) ※21:00終了予定
主催側の都合により休講となった場合は補講を行います。

場所
元町映画館2F イベントルーム
参加費
各回2,000円(学生1,000円)/全7回受講:10,000円(学生5,000円)
※初回に全額支払い、支払い後のキャンセル不可
定員
各回35名 ※定員に達し次第締め切ります
予約
お名前・電話番号・ご希望の回を下記のアドレスまたは店頭、お電話でご連絡ください。
event_motoei@yahoo.co.jp
※メールの返信には2、3日お時間がかかります。
※欠席される場合は前日までに必ずご連絡ください。
※当日のキャンセル、無断欠席は受講料をお支払いいただきます。
講師
池谷薫(映画監督/甲南女子大学教授)

お知らせ

神戸市内の映画館とTSUTYA三宮店のコラボ企画「KOBE CINEMA PORT」実施中!

シネコンからミニシアターまで、神戸市内の映画館の近日上映作品を毎月ピックアップし、TSUTAYAと各映画館の“中の人”がセレクトした関連するレンタル作品を紹介する「KOBE CINEMA PORT」。TSUTAYA三宮店3階DVDレンタルフロアで毎月情報を更新しながらドドンと展開中!ここに来れば市内の映画情報が一目瞭然。関連作品をレンタルで掘り下げていく楽しみもありますね。
さらにピックアップ作品のチラシや、神戸アートビレッジセンター&パルシネマしんこうえん&Cinema KOBE&元町映画館の4館合同スケジュール+その他の劇場のおススメ情報も掲載された「KOBE CINEMA PORT NAVI」も設置しています。映画を観たくなったら、まずはTSUTAYA三宮店で情報収集してみるのはいかがでしょうか?

TSUTAYA三宮店→

更新情報

2017.06.20
トピックスイベントレポート更新しました

2017.06.12
トピックス前売り券情報イベントレポート更新しました

2017.06.16
トピックス上映作品前売り券情報スケジュール更新しました

本日の上映作品

Tweets