トピックス

お知らせ
緊急のお知らせ

【緊急のお知らせ】
隣地建設工事<その2>に伴う重要なお知らせ

元町映画館の東に隣接した敷地において木造新築工事が12月現在進行中です。
かねてよりお知らせしてきましたその東にある12階建てのマンションとは別件になります。

工事期間
2018年12月現在~2019年2月下旬予定
工事時間
月~土曜の8:00~18:00予定 雨天中止
施工業者
アイ工務店

担当者:浦 隆志 連絡先:TEL078-381-6306


予想された工事による騒音の映画鑑賞への影響を軽減すべく劇場内の防音工事を2017年に自主的に実施いたしました。
しかし現在その騒音を完全に防ぎきれてはおりません。

特に2018年12/21頃までは、大きめの騒音が劇場内にも影響することが考えられます。

現状、通常通り営業を続ける予定ですが、工事終了まではご迷惑をおかけいたします。
施工業者とは対策も話し合っており、工事期間中も状況に応じて連絡を取り合い、随時対応してまいります。
たいへん申し訳ございませんが、あらかじめご了承くださいませ。

また、お客さまからのご意見を頂戴する専用のメールアドレスを開設いたしました。工事の影響に関すること、またそれ以外でも結構です。些細でも気になったことをお気軽にお寄せください。
customer@motoei.com

お知らせ
2017年10月~2019年2月予定

隣地マンション建設工事に伴う重要なお知らせ

元町映画館の東隣の敷地に12階建てのマンションが建つことになり、10月より建設工事が始まっております。

工事期間
2017年10月~2019年2月予定
工事時間
月~土曜の8:00~18:00予定
施工業者
生和コーポレーション株式会社

担当者:細川英一 連絡先:TEL078-333-1730


工事による騒音で映画鑑賞が妨げられることへの影響を軽減すべく劇場内の防音工事を自主的に実施いたしましたが、完全に防ぎきれるものではありません。特に基礎工事中の2018年2月までは、大きめの騒音や振動が劇場内にも影響することが考えられます。
現状、通常通り営業を続けていく予定ですが、工事終了まではご迷惑をおかけいたします。施工業者とは対策も話し合っておりますが、工事期間中も状況に応じて密に連絡を取り合い、随時対応してまいります。たいへん申し訳ございませんが、あらかじめご了承くださいませ。

また、お客さまからのご意見を頂戴する専用のメールアドレスを開設いたしました。工事の影響に関すること、またそれ以外でも結構です。些細でも気になったことをお気軽にお寄せください。
customer@motoei.com

お知らせ
2019年2/9(土)〜3/1(金)

ここから始まる映画史がある—【次世代映画ショーケース 2019】開催決定!

次々と生み出されるインディペンデント映画の中から、次世代の映画史を担う存在になるであろう傑作をセレクト・紹介し、関西でインディペンデント映画の価値を創出していくことを目的に企画した【次世代映画ショーケース】。2月に京阪神3劇場で関西未公開の作品を含めた特集上映を開催します。ミニマルな素材と手法で、豊かな芸術経験をもたらすインディペンデント映画の可能性を、この企画を通じて、体感してください!

上映日程

2/9(土)~2/15(金) シネ・ヌーヴォ →
2/16(土)~2/22(金) 元町映画館
2/23(土)~3/1(金) 出町座 →

上映作品

『鉱 ARAGANE』2015年/監督:小田香
『枝葉のこと』2017年/監督:二ノ宮隆太郎
『王国(あるいはその家について)』2018年/監督:草野なつか
『泳ぎすぎた夜』2017年/監督:五十嵐耕平、ダミアン・マニヴェル
『カオティックライフ オブ ナダ・カディッチ』2018年/監督:マルタ・エルナイス・ビダル
『Noise』2018年/監督:松本優作
『プールサイドマン』2016年/監督:渡辺紘文
『わたしたちの家』2017年/監督:清原惟
(五十音順)

※劇場により異なります

料金

当日一般1500円 ほか割引など通常通り
※招待券、5つたまったスタンプカードはご利用いただけません

公式FB →
公式Twitter →

お知らせ
2019年1/19(土)〜

『岡本太郎の沖縄』×『太陽の塔』神戸で2作品を観てプレゼントをもらおう!

1/19(土)より元町映画館で公開する『岡本太郎の沖縄』、2/2(土)より神戸アートビレッジセンターで公開する『太陽の塔』。岡本太郎に関する映画が神戸で連続公開されることを記念して、2作品を元町映画館、神戸アートビレッジセンターでご鑑賞された方に先着で『太陽の塔』オリジナルシール(非売品)をプレゼント!岡本太郎や太陽の塔ファンのみなさん、ぜひこの機会に2作品ともご覧ください。

プレゼント

『太陽の塔』オリジナルシール(非売品)

※限定数、先着順。なくなり次第終了します。

内容

元町映画館で『岡本太郎の沖縄』ご鑑賞時に、押印したスタンプラリーチラシをお渡しします。そのチラシをご持参のうえ、神戸アートビレッジセンターで『太陽の塔』ご鑑賞時にチラシをご提示ください。その場でシールをお渡しします。

※ラリーチラシの紛失やお忘れは無効となりますのでお気をつけください。

お知らせ
2019年1/19(土)・20(日)

『岡本太郎の沖縄』ミニパンフレットプレゼント決定!

1959年と1966年に沖縄へ旅をした芸術家・岡本太郎。日本人とはなにか?自分自身とは何か?その答えを求める旅の最後にたどり着いたのが沖縄でした。「沖縄とは、私にとって一つの恋のようなものだった」と語った岡本太郎の沖縄は、今の私たちに何を投げかけ、どう繋がるのか。それを確かめに行くドキュメンタリー映画『岡本太郎の沖縄』公開を記念して、ロケ地などを詳しく紹介した特製ミニパンフレット(非売品)を先着でプレゼントします!

プレゼント対象日

1/19(土)・20(日) 13:50の回

※いずれも限定数、先着順。なくなり次第終了します。

関連イベント
2019年1/27(日)

『岡本太郎の沖縄』葛山喜久監督トーク開催決定!聞き手は坪谷令子さん

1959年と1966年に沖縄へ旅をした芸術家・岡本太郎。日本人とはなにか?自分自身とは何か?その答えを求める旅の最後にたどり着いたのが沖縄でした。「沖縄とは、私にとって一つの恋のようなものだった」と語った岡本太郎の沖縄は、今の私たちに何を投げかけ、どう繋がるのか。それを確かめに行くドキュメンタリー映画『岡本太郎の沖縄』公開を記念して、葛山喜久監督のトークを開催します。聞き手には、何度も沖縄を訪れられている画家の坪谷令子さんをお迎えします。

日時
1/27(日) 15:00の回上映終了後
会場
元町映画館2Fロビー
登壇者
葛山喜久監督、坪谷令子さん(画家)

※当日映画を観られた方対象、参加無料

関連イベント
2019年2/17(日)

『国家主義の誘惑』スペシャルトーク開催決定!

2015年公開の『天皇と軍隊』で話題を呼んだフランス在住の渡辺謙一監督が、「日中戦争前夜とどこか似ている」と感じる現在の日本の政治について、沖縄や憲法、天皇制、日米関係のあり方を問うドキュメンタリー『国家主義の誘惑』。公開を記念して、本作に出演する政治学者・白井聡さんをお招きしてトークを開催します。

“トーク「戦前・戦後と反復する日本の『国体』」

日時
2/17(日) 10:15の回上映終了後
会場
元町映画館2Fロビー
登壇者
白井聡さん(政治学者/京都精華大学専任講師)

※当日映画を観られた方対象、参加無料

※トーク会場は劇場よりも小さなスペースとなりますので、ご希望の方全員を収容できない場合がございます。当日受付順にトークの整理番号を配布し、定員に達し次第受付は終了とさせていただきます。

関連イベント
2019年1月26日(土)

『ノーザン・ソウル』公開記念、“NUDE RESTAURANT”ד元町映画館”開催決定!

1960年代にイングランド北部で生まれた音楽ムーヴメント“NORTHERN SOUL”。その流れが最も加速した70年代を舞台に、青年の成長、英国ユース・カルチャーを描いた映画『ノーザン・ソウル』。経済が低迷した当時、レコードと踊りで時代を駆け上った高校生ジョンの物語。上映に合わせ、神戸で生まれた60年代を愛し、それを多くの人々に楽しんでもらえるイベントとして1994年にスタートした「NUDE RESTAURANT」とコラボします。入場特典にはなんと『ノーザン・ソウル』の上映料金が1000円になる割引券付き。一夜限り特別企画、カッコ良く見せること、クールに踊ること、情熱を爆発させること、ノーザンソウルにとって大事なのはこれしかない。

“NUDE RESTAURANT”『ノーザン・ソウル』全国上映記念スペシャル

日時
1/26(土)19:30~23:30
会場
ジャズ喫茶Jam Jam
入場料
2000円(1ドリンク+上映特典つき)

【NUDE RESTAURANT DJs】

・RYO KITAAKI
・IZUMI SAWAMOTO
・SEIJI IWABUCHI
・SHUHEI YOSHIOKA

※『ノーザン・ソウル』割引券は先着100名さま限定
※一般1700円→1000円(お一人様、1回限りの使用に限る)
※元町映画館でのみ使用可能です。他館でのご利用不可。

関連サイト

ヌードレストランtwitter →
ヌードレストラン公式ブログ →
神戸Jam Jam twitter →

関連イベント
2019年2/9(土)〜

音楽×映画の祭典『MOOSIC LAB 2018』神戸編開催決定!

音楽×映画の実験室にして、その化学反応や融合の具合を競い合う特殊映画祭でもある『MOOSIC LAB(ムージック・ラボ)』。過去最大のボリュームでプロアマ問わずの仁義なき戦いが繰り広げられた7年目の今回、あなたの胸に響くMOOSICと出遭いにぜひお越しください!傑作揃いのラインナップから、自信を持って「観てくれ!」と言える作品を厳選した日替わり全7プログラム。どことも違う、元町映画館独自の長編+短編カップリングでお届けします!

Aプロ
『松永天馬殺人事件』松永天馬×松永天馬|70分
『ゆかちゃんの愛した時代』吐山ゆん(破れタイツ)×℃-want you!|30分
Bプロ
『書くが、まま』上村奈帆×SWANKY DOGS|77分
『1人のダンス』安楽涼×OOPARTZ|30分
Cプロ
『暁闇』阿部はりか×LOWPOPLTD.|60分
『下鴨ボーイズドントクライ』篠田知典×バレーボウイズ|30分
Dプロ
『月極オトコトモダチ』秋山茉由×BOMI×入江陽|78分
『内回りの二人』柴野太朗×町あかり×The Whoops|30分
Eプロ
『無限ファンデーション』大崎章×西山小雨|102分
『デッドバケーション』八幡貴美×GALAXIEDEAD|20分
Fプロ
『左様なら』石橋夕帆×・・・・・・・・・×佐野千明|86分
『ドキ死』井上康平×Nakanoまる|30分
Gプロ
『普通は走り出す』渡辺紘文×トリプルファイヤー|100分
『日本製造/メイド・イン・ジャパン』松本優作×ゆるめるモ!|30分

上映スケジュール

2/9(土) 20:00~ A
2/10(日) 17:50~ B
2/11(月) 17:50~ C
2/12(火) 17:50~ D
2/13(水) 17:50~ E
2/14(木) 17:50~ F
2/15(金) 17:50~ G

イベント情報

日時
2/9(土) Aプロ20:00の回
『松永天馬殺人事件』4DIEX上映&松永天馬さん舞台挨拶開催!
2/12(火) Dプロ17:50の回
『月極オトコトモダチ』穐山茉由監督舞台挨拶開催!

関連イベント
2019年1月26日(土)

レココン第6回「ジョン・カーペンター」を聴く、レコードコンサート

1/19(土)から元町映画館にて上映『遊星からの物体X』『ゼイリブ』。カルト的人気を誇る本作は音楽家としても活躍するジョン・カーペンター監督作品。映画監督だけでなく音楽家として活躍するジョン・カーペンターだからできた絶妙な映画音楽をみんなで聴き楽しみます。今回はゲストにDJとしても活躍するださくらさんをお招きし、ださくらさん所有の貴重なジョン・カーペンターコレクションを楽しむスペシャル版となります。ぜひ誰からの指示もなく自らの意思でご参加ください。

概要

名称
レココン第6回「ジョン・カーペンター」を聴く、レコードコンサート
日時
1/26(土)15:30~(17:00終了予定)
会場
salle de musique:phonotéque(音楽室:フォノテーク)
〒650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町3丁目1-16 三星ビル5階南室
TEL 078-599-8583
メール info@phonotheque.info
定員
10名
参加費
1500円
司会進行
安井麻人(音楽家、シネマルネサンス・パーソナリティ)
ゲスト
ださくら(鍵盤奏者、クラブDJ、シネフィル)
スリラー映画が大好きで2009年の「サスペリア大阪上陸記念☆トークショウ」では図らずも解説を務める。
映画音楽も大好きで、スリラー、SF映画のサントラからプログレッシヴ・ロックにハマって今に至る。
これまでに観た映画のベストは『天使のたまご』と『ピクニックatハンギング・ロック』が双璧。
紹介映画
『遊星からの物体X』(監督:ジョン・カーペンター/1982/アメリカ/109分/The Thing)
『ゼイリブ』(監督:ジョン・カーペンター/1988/アメリカ/94分/They Live)
申込方法
件名に「ジョン・カーペンター音楽予約」、本文に「氏名」「参加人数」「電話番号」をご記入の上、フォノテークまでメール(info@phonotheque.info)でお申し込み。定員に達し次第、受付終了。

※すべてに1ドリンクが付きます。
※フォノテーク会員は1000円(1ドリンク代込)。
※会場で『ゼイリブ』前売券(缶バッジ付@1400円)を販売します。こちらを会場にて購入された方は割引価格の1000円で本イベントに参加可能です。

上映情報

上映期間
1/19(土)~1/25(金)
『ゼイリブ』18:00~
『遊星からの物体X』20:00~
1/26(土)~2/1(金)
『遊星からの物体X』17:30~
『ゼイリブ』19:40~

『遊星からの物体X』公式サイト →
『ゼイリブ』公式サイト →
フォノテーク公式Facebook →
シネマルネサンス公式Twitter →
過去のレココンの模様はこちら → 第4回「ベルセバ」篇

お知らせ
2019年1/12(土)〜

【大野大輔監督特集】『ウルフなシッシー』来場者プレゼント決定!

『アストラル・アブノーマル鈴木さん』公開を記念して、個性的すぎる大野大輔監督の正体を探るべく企画した「大野大輔監督特集」。特集作品のうち『ウルフなシッシー』ご鑑賞の方に、主演の根矢涼香さんがデザインした「アヤコと辰夫のやさぐれステッカー」をプレゼントします!

※1回のご鑑賞につきどちらか1点プレゼント。
※限定数、先着順。無くなり次第終了します。

関連イベント
2019年1/12(土)〜

『アストラル・アブノーマル鈴木さん』公開記念:大野大輔監督特集開催!大野大輔監督&根矢涼香さん舞台挨拶も!

ドラマ「この世界の片隅に」や連続テレビ小説「ひよっこ」で注目を集める女優・松本穂香が、田舎町のユーチューバーという個性的すぎる主人公を演じる『アストラル・アブノーマル鈴木さん』。その独特の語り口と繰り出される強烈なセリフ群を生み出した大野大輔監督、これは一体何者だ?!その答えの端緒を知るべく、大野大輔監督特集を企画しました。ハマっても、拒絶反応を起こしても、いずれにせよ観た者に衝撃を与えること間違いなし。大野大輔ワールドをぜひその目で確かめてください。

上映作品

『さいなら、BAD SAMURAI』《カナザワ映画祭2016グランプリ》
(2016年/61分/監督・脚本・主演:大野大輔/出演:本間玲音、黒木歩、富永茜)
映画学校卒業後に制作したポルノ時代劇で多額の借金を抱えたうえ、映画祭からは総スカン、開いた上映会は閑古鳥が鳴き、バイト先では上司になじられ、親には勘当され、コールガールには手を抜かれ、ストレスと借金と性欲だけが膨れ上がり発狂寸前だった大野大輔26歳、2013年の記録。

『ウルフなシッシー』《第18回TAMA NEW WAVEコンペティショングランプリ》
(2017年/79分/監督・脚本・主演:大野大輔/出演:根矢涼香、真柳美苗、しじみ)
憂さ晴らしに親友と飲んでいたアヤコのもとに破局寸前の彼氏でAV監督の辰夫が現れ、空気を読まない発言で険悪なムードにさせる。泥酔したふたりの痴話喧嘩は、互いの不満を罵詈雑言とともに吐き出し合う終わらない泥仕合に…。世紀の80分間ノンストップ泥酔痴話喧嘩映画。

上映スケジュール

1/12(土) 21:00~『ウルフなシッシー』☆舞台挨拶あり
1/13(日) 20:30~『さいなら、BAD SAMURAI』
1/14(月) 20:30~『ウルフなシッシー』
1/15(火) 20:30~『ウルフなシッシー』
1/16(水) 20:30~『さいなら、BAD SAMURAI』
1/17(木) 20:30~『ウルフなシッシー』
1/18(金) 20:30~『ウルフなシッシー』

舞台挨拶

日時
1/12(土)『ウルフなシッシー』21:00の回上映後
登壇者
大野大輔監督、根矢涼香さん

※当日映画を観られた方対象、参加無料

お知らせ
2018年1月12日(土)〜

『アストラル・アブノーマル鈴木さん』“鈴木さん割引”実施決定!

1/12(土)より公開の『アストラル・アブノーマル鈴木さん』をご鑑賞の“鈴木さん”は、なんと入場料金が1,000円になります!!さらに鈴木さんのお連れさま(人数問わず)も同じく1,000円に。今からでも遅くありません、“鈴木さん”と友だちになって映画に誘い、お得に鑑賞しましょう!

※お名前の証明となるものを受付でご提示ください。
※1/12(土)の舞台挨拶回は特別料金のため割引適用外となります。
※“鈴木さん”ご本人が招待券、5つたまったスタンプカードなど無料でご鑑賞の場合は割引適用外となります。

関連イベント
2018年1月12日(土)

『アストラル・アブノーマル鈴木さん』大野大輔監督&松本穂香さん舞台挨拶開催決定!

地獄のように娯楽のない田舎町で、膨大な自己顕示欲を持て余し自意識の過剰な暴走を抑えられないユーチューバー・鈴木ララを松本穂香が怪演!そんな彼女と家族を含めたごくわずかな周囲の人々が繰り広げる宇宙的で(=アストラル)異端な(=アブノーマル)日々の顛末を、「今、いちばんヤバイ(元町映画館スタッフ談)」監督である大野大輔が描いた『アストラル・アブノーマル鈴木さん』。公開を記念して、大野大輔監督と松本穂香さんの舞台挨拶を開催します!

日時
1/12(土) 18:40の回上映前
登壇者
大野大輔監督、松本穂香さん
料金
1800円均一(1/12のみ特別料金)

※当日映画を観られた方対象、参加無料
※特別興行のため、招待券・5つたまったスタンプカードはご使用になれません

関連イベント
2019年2/16(土)・17(日)

『人情噺の福団治』伊藤有紀監督&桂福若さんトーク開催決定!

芸歴50年を誇る落語家の四代目・桂福団治。「誰も行かない方を選んできた」と自ら陽の当たらない道を歩みながら、ただひたすら芸を磨いてきた福団治の生き方を通し、現代社会の価値のあり方を問うドキュメンタリー『人情噺の福団治』の公開を記念して、伊藤有紀監督と、福団治さんのお弟子さんでご子息であり、映画のキーパーソンともなる桂福若さんのトークを開催します。

日時
2/16(土)・17(日) 11:50の回上映終了後
登壇者
伊藤有紀監督、桂福若さん

※当日映画を観られた方対象、参加無料




お知らせ
2018年1月

元町映画館スタッフが
レギュラーでラジオに出演中。

当館の広報スタッフをはじめ、
劇場スタッフが下記ラジオ番組にて出演中。
映画の面白さを発信しております。
劇場招待券などリスナープレゼントもあり。
ぜひお聴き逃しなく!!

BAN-BANラジオ

番組名
「ウキバンFRIDAYの1コーナー Cinema Cafe Brava」
MC:石川麻優さん
放送局
BAN-BANラジオ
FM86.9MHz
番組内容
観た後に「ブラボー」と言いたくなるような映画情報をお伝えしていきます。
今日も映画好きなお客さんが来てくれますよ~
放送日
1/11(金)13:10頃から15分間
※毎月第2金曜日、生放送
再放送は当日午後9時過ぎから放送
紹介映画
『世界で一番ゴッホを描いた男』
(監督:ユイ・ハイボー、キキ・ティンチー・ユイ/2016年/中国・オランダ/84分)

ラジオ関西

番組名
「谷五郎の笑って暮らそう」の1コーナー
『元映・宮本のシネマこの1本!』
MC:谷五郎さん(メイン)、
田名部真理さん(アシスタント)
放送局
ラジオ関西
JOCR 558KHz
番組内容
毎週土曜日の午前8時から兵庫県内のオススメ情報、旬な話題などを取り上げながら毎回ゲストを交えての楽しいトークでお送りする2時間の生放送!
土曜日の朝は谷五郎と一緒に笑って暮らそう!
放送日時
1/19(土)9:30~15分間
※毎月第3土曜日、生放送
紹介映画
『世界で一番ゴッホを描いた男』
(監督:ユイ・ハイボー、キキ・ティンチー・ユイ/2016年/中国・オランダ/84分)

動画配信サービスSHOWROOM

番組名
「狐娘と路上の華」
MC:寺元沙羅さん
番組内容
モデルとしても活躍する寺元沙羅さんをメインMCに身近にある音楽・元町映画館で上映予定の映画を含め「あまり知られていないけれども、どこか光っている」モノやコト、「人や、人がつくったもの」について、ゲストとともに紹介。
配信日
1/28(月)
※毎月第4月曜日20:00~21:30

関連サイト

BAN-BANラジオ →
ラジオ関西 →
『世界で一番ゴッホを描いた男』公式サイト →
寺元沙羅さんTwitter →
寺元沙羅さんInstagram →
SHOWROOM →
 

※リスナープレゼントあり。
生放送のため、当日の内容は変更になることもございます。
予めご了承ください。

関連イベント
2019年1月26日(土)・2月2日(土)

『毎日がアルツハイマー ザ・ファイナル~最期に死ぬ時。』公開記念、シリーズ一挙上映、監督舞台挨拶、スペシャルトークイベント開催決定!

「要支援」の認知症の母を映画監督である娘が撮影した『毎日がアルツハイマー』。介護「される人」と「する人」は同時に老い、「死」のオプションの姿を描き続けた本作。「老い」と「人生の死」をテーマにした第1弾『毎日がアルツハイマー』から、死と向き合うことにした母を自身も重病を患いながらカメラを回して完成させた最新作『ザ・ファイナル~最期に死ぬ時。』を含めたシリーズ3作品を一挙に上映。さらに上映期間中、関口祐加監督の舞台挨拶や現役医師によるトークイベントを開催します。

舞台挨拶

日時
1/26(土)13:20回上映後
登壇者
関口祐加監督

トークイベント

タイトル
「死に方」を考えるのは、「その人らしく生きる」ためのポジティブなこと
日時
2/2(土)10:30回上映後
登壇者
・新城拓也さん(しんじょう医院院長)
1971年、広島市生まれ。名古屋市育ち。1996年、名古屋市大医学部卒。社会保険神戸中央病院(現・JCHO神戸中央病院)緩和ケア病棟(ホスピス)に10年間勤務後、2012年8月、緩和ケア専門の在宅診療クリニック「しんじょう医院」を開業。『「がんと命の道しるべ」余命宣告の向こう側』(日本評論社)『患者から「早く死なせてほしい」と言われたらどうしますか?』(金原出版)など著書多数。
・青山ゆみこさん(フリーランスのエディター/ライター)
1971年神戸市生まれ。大学卒業後、アパレルのデザイナー職を経て出版業界に転職。『ミーツ・リージョナル』誌副編集長を経て、2006年よりフリーランスに。現在は、単行本の編集・執筆、コラム連載などを中心に活動。市井の人から芸人や研究者、作家など幅広い層で1000人超の言葉に耳を傾けてきた。著書に淀川キリスト教病院ホスピスの「食のケア」を取材した『人生最後のご馳走』など。

※舞台挨拶、トークイベントともに当日映画をご覧になったかたかた入場無料。
定員あり。

『毎日がアルツハイマー』上映情報

上映期間
1/19(土)~1/25(金)
『毎日がアルツハイマー』10:30~
『毎日がアルツハイマー2』12:30~

※入場料金:各作品一律1000円

『毎日がアルツハイマー ザ・ファイナル~最期に死ぬ時。』

上映期間
1/26(土)~2/1(金)13:20~
2/2(土)~2/8(金)10:30~

※入場料金:一般¥1700、その他当館の割引などは通常通り

公式サイト →

関連イベント
2019年1月13日(日)

『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』スペシャルトーク開催決定!

1971年にノーベル文学賞を受賞したチリの詩人パブロ・ネルーダ。芸術や女性や酒場を愛する享楽主義者であり、貧しい人々に寄り添う博愛主義者だった彼は、その思想ゆえ生涯の大半を政府から追われ、その逃亡生活が詩作の糧ともなっていた。弾圧の中で人々がネルーダを、そしてその代表作「大いなる歌」を愛した背景に迫った『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』。公開を記念して、この9月に刊行された「大いなる歌」待望の日本語完訳をされた松本健二さんにトークをしていただきます。ネルーダの世界を深く知る貴重な機会、ぜひご参加ください!

トーク「ワインの国チリと詩人ネルーダ」

日時
1/13(日) 12:40の回上映終了後
会場
元町映画館2Fイベントルーム
登壇者
松本健二さん(大阪大学外国語学部准教授、パブロ・ネルーダ著「大いなる歌」訳者)

※当日映画を観られた方対象、参加無料

関連イベント
2019年1月20日(日)

映画チア部自主上映会〈チアシアター〉 vol.2:『カランコエの花』開催決定!

関西のミニシアターの魅力を伝えるべく結成された、学生による学生のための映画宣伝チーム【映画チア部】が自主上映会〈チアシアター〉を開催します!第2回となる今回は、チア部メンバーの熱烈なリクエストにより、短編ながら各地の映画館で大きな話題となっている映画『カランコエの花』を上映します。神戸発上映、さらにスペシャルトークもあり。ぜひこの機会にご鑑賞ください。

上映作品

☆ 関西初公開『カランコエの花』2016年/39分 →

開催日
1/20(日) 11:00|12:10|14:10|15:20(各回入替制)
参加費
一般1300円 / 学生900円
前売券はこちら →
会場
元町映画館2Fシアタールーム

タイムテーブルなど、詳細は映画チア部のHPをご覧ください →
主催:映画チア部/協力:元町映画館

お知らせ
2019年1月26日(土)

甲南大生とホロコーストを考える甲南大学×元町映画館『サウルの息子』上映会開催決定!

2018年の5月から続く甲南大学とのコラボ企画、今度は当館にて上映会を実施します。今回は大学にて実施中の講義「横断演習」で取り上げているナチス・ドイツによるユダヤ人の大量虐殺=「ホロコースト」がテーマです。600万人にも上る犠牲者を出したこの未曾有の惨劇はいかにして遂行されたのか。本上映会では、アウシュヴィッツ強制収容所の苛酷な実態を描き出した『サウルの息子』を鑑賞した上で、9時間半の長編記録映画『ショア』を通じて学習を進めてきた甲南大生が映画のポイントを解説し、参加者と一緒にホロコーストの問題を考えます。ぜひ学生と一緒にこの問題について考えませんか。

『サウルの息子』上映会概要

上映作品

『サウルの息子』
(監督:ネメシュ・ラースロー/2105年/ハンガリー/107分/Saul fia)

日時
1/26(土)10:00の回
場所
元町映画館
料金
一般1500円(その他シニアなどの割引は通常興行と同様)
ゲスト解説
田野大輔さん(甲南大学文学部社会学科教授)

※作品上映後、甲南大学生の発表、ゲストの田野さんによる作品解説を予定。
※当日券のみ。
※1回限りの上映

『サウルの息子』公式サイト → 
甲南大学 → 

お知らせ
毎週木曜日

元町映画館ほぼ初冠ラジオ番組「シネマルネサンス」放送中

元町映画館ほぼ初冠ラジオ番組「シネマルネサンス」放送中
神戸のコミュニティFM局「FM MOOV」より文化を発信、取り入れるラジオ番組「シネマルネサンス」が放送中です。MCは当館スタッフの宮本裕也、音楽家の安井麻人さん、美術作家のキムラユウナさん。映画紹介や神戸で活躍するゲストと一緒にトークも展開。この番組でしか聴けないトークをぜひお楽しみください。また番組を応援してくれるサポーターも募集中。リスナーからのメッセージもじゃんじゃん募集中。番組内でご紹介したメッセージにはリスナープレゼントもお送りします。全国のみなさまどうぞお聴きください。一緒に神戸を盛り上げましょう!!

放送局
FM MOOV KOBE
番組名
「シネマルネサンス」
放送日
毎週木曜日18:00から30分間

1月の放送内容

1/17(木)
・映画紹介『遊星からの物体X』
・『ウルフなシッシー』紹介。ゲスト:根矢涼香さん、大野大輔監督

関連サイト

番組公式twitter
番組公式facebook
音楽事務所ministudio twitter
キムラユウナツイッター
「FM MOOV KOBE」視聴方法/リスナープレゼント申込
ITAKURECORD公式Twitter

お知らせ
2018年8月18日(土)~

元町映画館オリジナルグッズ販売!

この8/21に、元町映画館は8歳の誕生日を迎えます。

これを記念して、初めての(!)オリジナルグッズを作り、販売することが決定しました!

スケジュールチラシの表紙やスタンプカードなど、元町映画館開館以来ずっと素敵なイラストを描き続けてくれている朝野ペコさんがデザインを手がけ、映画チア部の水野遥さんが1枚1枚手で刷ってくれたもの。

スタッフも自信を持ってオススメできる商品ばかりです。

8/18(土)から販売開始、どうぞお楽しみに!

※手刷りのため、自然なプリントズレ、かすれ、滲みが発生する場合があります。

あらかじめご了承ください。

商品ラインナップ

Tシャツ
(サイズ:Girls-M/S/M)各2,000円
ミックスグレー×黒/スミ×白/バニラホワイト×赤/ネイビー×黄
サコッシュ
1,500円

本日の上映作品

Tweets