トピックス

八重子のハミング 関連イベント 2017年6月3日(土)
『八重子のハミング』佐々部清監督舞台挨拶開催決定!
4度のガン手術から生還した夫が、若年性アルツハイマーを発症した妻を介護した4000日の記録を短歌とともに綴った同名書籍を原作にした『八重子のハミング』。公開を記念して、故郷である山口県で本作を撮り上げた佐々部清監督の舞台挨拶開催が決定しました!

日 時:6/3(土) 10:30の回上映終了後
登壇者:佐々部清監督
※当日映画を観られた方対象、参加無料。
『八重子のハミング』公式サイト→

はらはらなのか。 関連イベント 2017年5月27日(土)
『はらはらなのか。』酒井麻衣監督舞台挨拶開催決定!
『いいにおいのする映画』の酒井麻衣監督が遂に商業デビュー!13歳の新星・原菜乃華を主演に、松井玲奈や吉田凛音、チャラン・ポ・ランタンを迎えて描くファンタスティック・ストーリー『はらはらなのか。』の公開を記念して、酒井麻衣監督の舞台挨拶を開催します!

日 時:5/27(土) 18:40の回上映終了後
登壇者:酒井麻衣監督
※当日映画を観られた方対象、参加無料。
『はらはらなのか。』公式サイト→

14の夜 関連イベント 2017年5月13日(土)
『14の夜』足立紳監督舞台挨拶開催決定!
大ヒット作『百円の恋』(監督:武正晴/主演:安藤サクラ)で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した足立紳の監督デビュー作!1987年の田舎 町を舞台に、AV女優がサイン会にやって来るという刺激的な噂に浮き立つ男子中学生たちの"性春"を描いた『14の夜』。公開を記念して、足立紳監督の舞 台挨拶を開催します!

日 時:5/13(土) 16:30の回上映終了後
登壇者:足立紳監督
※当日映画を観られた方対象、参加無料。
『14の夜』公式サイト→

壊れた心 お知らせ 2017年5月6日(土)
『壊れた心』特製パンフレット(非売品)先着プレゼント決定!
フィリピンの鬼才ケヴィン・デ・ラ・クルスが脚本と台詞を排して描く愛と破滅の逃避行劇『壊れた心』。主演に浅野忠信、撮影にクリストファー・ド イルを迎えた本作の公開を記念して、来場者に非売品の特製パンフレットのプレゼントが決定しました!パンフレットの販売はございませんので、ぜひ入手して ください。
※限定数、受付先着順。なくなり次第終了します。

『壊れた心』公式サイト→

ホームレス 関連イベント 2017年5月14日(日)
『ホームレス ニューヨークと寝た男』スペシャルトーク開催決定!
ニューヨークで家を持たずに生活しているファッションモデル兼フォトグラファーのマーク・レイに密着したドキュメンタリー映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』。本作の公開を記念して、新しいシェアハウスのかたちを提案する「地球に宿借りJamHouse」の宮内孝輔さんとモバイルハウス事業を展開する「SAMPO」 の村上大陸さん、塩浦一彗さんにお越しいただき、スペシャルトークを開催します。シェアハウス+モバイルハウスを活用したライフスタイルシフトの話や、格 差や過疎化などの社会問題をミニマリスト・コミュニティ・オフグリッド的観点から面白可笑しく解決しようとする話などをご紹介いただきます。住まいや生き 方に関心のある方はぜひご参加ください!

トーク:「ホームレスからアーバンキャンパーへ!~モバイルハウス革命~」
日 時:5/14(日) 14:40の回上映終了後
会 場:元町映画館2F
ゲスト:宮内孝輔さん(MicroNations & Co.)村上大陸さん(SAMPO.Inc)塩浦一彗さん(SAMPO.Inc)
※当日映画を観られた方対象、参加無料。

『ホームレス ニューヨークと寝た男』公式サイト→

百日告別 お知らせ 2017年5月20日(土)
『百日告別』来場者先着プレゼント決定!
大切な人を亡くしたトム・リン監督自身の体験をもとに、最愛の人との忘れられない愛の記憶を抱えた男女が辿る心の再生の旅を描いた台湾映画『百日告別』。公開を記念して、ご来場の方に先着で素敵なプレゼントをご用意しました!
※限定数、先着順。なくなり次第終了します。

☆プレゼント
沖縄ロケ地ガイドブック&台湾公開オリジナルカード
(カードの絵柄はお選びいただけません)
『百日告別』公式サイト→

ハイテンション映画祭 モトマチセレクション 2017年4月27日(木)、4月28日(金)
「ハイテンション映画祭」公式ナビゲーター"薬師丸カエ"メディア出演情報!招待券プレゼントも!
元町映画館G.W恒例『ハイテンション映画祭』。今年は映画チア部でも活躍中の"薬師丸カエ"を公式ナビゲーターにすえて、80年代のハイテンションな映画を集めました。
そんな彼女の想いを多くのメディアの皆様に取り上げていただいております。またラジオリスナーさんには招待券プレゼントも予定。さぁいよいよ始まるG.W。あのエネルギー溢れる80年代にあなたもタイムトリップ!

【薬師丸カエ 掲載情報】
・産経新聞 兵庫版 4/22→

・神戸新聞 神戸版 4/25→

・関西の映画・映像情報マガジン キネプレ
神戸の元町映画館の『快盗ルビイ』上映へ 小泉今日子さんがツイッターで言及し大きな反響→
つかの間の80年代体験を元町映画館で!現役女子大生の公式ナビゲーターが語る、今年のハイテンション映画祭→

【ラジオ】
4/27(木)

《番組名》「MUSIC どらごん」
《時間》21:00~
《放送局》FM ai ai
公式サイト→

4/28(金)
《番組名》「川浪ナミヲの情報アサイチ!」
《時間》9:00~
《放送局》ラジオ関西
公式サイト→

《番組名》「バンバンワイドショーPAOON!」
《時間》15:00~
《放送局》BAN-BANラジオ
公式サイト→

※3番組ともリスナープレゼントとして劇場招待券をご用意。
詳細は当日の番組をお聞きください。
 

ハイテンション映画祭 モトマチセレクション 2017年4月30日(日)、5月3日(祝)
「ハイテンション映画祭 Back to the 80s」イベント続々と決定!
GWの恒例企画「ハイテンション映画祭」。今年は「80年代」がテーマということで、80年代好きの方に喜んでいただけるイベントを3つ企画しました!4/30にトークイベント。5/3に80sマルシェ、DJイベントを開催します。どのイベントも入場無料です。ぜひお気軽にお立ち寄りください!

①トークイベント
日 時:4/30(日)21:10〜22:10
会 場:元町映画館劇場内
登壇者:瀧本雅志さん、薬師丸カエさん

80年代を語り尽くす1時間!ゲストは80年代を経験していない平成生まれの超80年代フリークにしてJD・DJ薬師丸カエさんと、80年代に六本木WAVEやセゾン系広告代理店に勤め、現在は大阪芸術大学教授の瀧本雅志さん。80年代の魅力って!?

②80sマーケット
日 時:5/3(水)15:00〜20:00
会 場:元町映画館2F

1日限定で元町映画館2Fに「80sマーケット」がオープン!映画だけでなく、雑貨、古着、レコード、雑誌などでも80sカルチャーを楽しみましょう!掘り出し物が見つかるかも!? フラっとお立ち寄りください。

③DJイベント
日 時:5/3(水)21:30〜22:30
会 場:元町映画館劇場内
DJ:DJ Mr.jin(元祖歌謡曲ナイト)、DJ薬師丸

映画館の劇場内でDJイベントとは斬新!80s映画を観た後は、みんなで80s音楽で盛り上がりましょう!DJ Mr.jin(元祖歌謡曲ナイト)とDJ薬師丸(薬師丸カエ)が懐かしの80s音楽を流します。同時刻にはbar Sonoraの衣川寿香さんが出張出店くださいます。80年代好き集まれ〜!!
 

灼熱 関連イベント 2017年5月27日(土)
『灼熱』千田善さんスペシャルトーク開催決定!
ユーゴスラビア連邦からの独立を宣言し、国内でクロアチア人とセルビア人の紛争が勃発した1991年を皮切りに、紛争終結後の2001年、そして現代の2011年と、クロアチアの3つの時代に生きる3組の若者の愛の物語を描いた『灼熱』。本作の公開を記念して、元・サッカー日本代表のオシム監督の通訳を務めたことで知られる国際ジャーナリストの千田善さんにお越しいただき、「七つの国境、六つの共和国、五つの民族、四つの言語、三つの宗教、二つの文字、一つの国家」と言われるほどの多様性を持っていたユーゴスラビアで複数回にわたって起きた紛争についてのトークを開催します。

トーク:トーク「ユーゴ紛争の悲劇を紐解く」
日 時:5/27(土) 10:00の回上映終了後
会 場:元町映画館2F
ゲスト:千田善さん(国際ジャーナリスト、元日本サッカー代表オシム監督通訳者)
※当日映画を観られた方対象、参加無料。

『灼熱』公式サイト→

ハイテンション映画祭 フィルムで観る 2017年4月29日(土)〜5月5日(金)
「ハイテンション映画祭 Back to the 80s」今年もGWに開催!
毎年恒例!ゴールデンウィークの特別企画「ハイテンション映画祭」。その名の通り気分がアガる作品ばかりを集めた特集上映ですが、4回目となる今回はさらに80sに絞って選定いたしました!上映作品は『快盗ルビィ』『コミック雑誌なんかいらない!』『星くず兄弟の伝説』の3作品。どれも80年代の空気感がたっぷりと詰まった名作です。閉塞感漂う?現代だからこそ、派手で、キザで、明るい80sが魅力的!さぁ、今年の大型連休は元町映画館で80年代にトリップしましょう!

【上映作品】
★チャーミングな女快盗と頼りないけど優しい男のコミカル・ラブ。'80sでいちばんオシャレなラブストーリーはこれ!
『快盗ルビイ』1988年/96分/35mm/東宝
監督・脚本:和田誠/出演:小泉今日子、真田広之、水野久美

★脚本も手がけた内田裕也が芸能レポーターに扮し、実在の芸能人や事件の容疑者を大挙出演させてスキャンダリズムにまみれた'80sを描く!
『コミック雑誌なんかいらない!』1986年/124分/35mm/日活
監督:滝田洋二郎/出演:内田裕也、麻生祐未、ビートたけし

★近田春夫が"架空のロック・ミュージカルのサントラ"としてリリースしたアルバムを原案にした超エンターテインメント。'80sのサブカル決定版!
『星くず兄弟の伝説』1985年/98分/35mm/ネオンテトラ
監督:手塚眞/出演:高木一裕、久保田しんご、戸川京子

【上映期間】
4/29(土)~5/5(金)
上映スケジュールはこちら→

【料金】
一般1,500円/シニア1,100円/学生1,000円
酔い割:アルコール飲料持参で1,300円
 

百日告別 託児付き上映 2017年5月20日(土)
5/20(土)『百日告別』で託児付き上映開催!
大規模な交通事故で婚約者を亡くしたミンと、妊娠中の妻を失ったウェイ。最愛の人との忘れられない愛の記憶を抱えた男女がたどる、心の再生の旅を描いた台湾映画『百日告別』で託児付き上映開催決定!
妻を亡くしたトム・リン監督自身の体験に基づき、愛する人を失った心の軌跡を繊細に描いて深い優しさと感動に包まれる映画です。
「託児付き上映」は元町映画館2Fに託児スペースを設け、経験豊富な出張託児の方に来ていただき映画上映中お子さまをお預かりいたします。映画館内でのお預かりなので短時間で便利なうえ、費用もお得。子育て期間中は映画を観られない…とあきらめていた方もどうぞゆっくりと映画館での映画鑑賞をお楽しみください。
※要予約。先着順、定員あり。お子さま4名以上での開催とさせていただきます。3名以下の場合は中止となりますので何卒ご了承ください。

上映作品:『百日告別』公式サイト→
日時:5/20(土) 12:50~14:30
(託児の受付などありますので、映画開始の30分ほど前にお越しください
託児会場:元町映画館2Fロビー内
料金:映画代+1,000円(兄弟姉妹の場合は1人800円)
対象:1才前後からの未就学児童
予約方法5/14(日)までに、元町映画館までお電話(TEL078-366-2636)かメール(info@motoei.com)でご予約ください。
メールの方は、件名を【託児付き上映申込】とし、本文に
・保護者氏名
・お預かりするお子さまのお名前、性別、年齢
・映画ご鑑賞人数
・緊急ご連絡先(携帯など)
を記載してください。

※メール申込の方は自動的にメルマガ登録させていただきます。
※同意書(こちら→)に必ず目を通し、プリントアウトして必要事項をご記入の上当日ご持参ください
※ご予約のキャンセルは前日までにご連絡ください。
※当館には駐車場、駐輪場はございません。近隣施設をご利用ください。
●以前の託児付き上映の様子はこちら→

えーがな500 お知らせ 2017年5月1日(月)〜31日(水)
学生さんは500円で映画を観られる《え〜がな500》今年も開催!
新しい季節を迎えた学生さんに嬉しいニュース!条件を満たせば、学生限定で映画を500円で観ることができる《え~がな500》を今年もやります!京阪神のミニシアター7館で5月と11月の年2回、合計2ヶ月間実施します。《え~がな500》公式サイトから画像をダウンロードし、2名以上でご来館のうえ画像と学生証を受付でご提示いただくだけでおトクに映画が観れちゃいます!

《え~がな500》公式サイト→
※ご利用条件をよくお読みのうえ、ご利用ください。
※お持ちのスマートフォンで公式サイトにアクセスできない方は、各劇場受付でお申し出ください。対応させていただきます。

【対象劇場】
大阪:第七藝術劇場|シアターセブン|シネ・ヌーヴォ
京都:京都みなみ会館|立誠シネマ
神戸:パルシネマしんこうえん|元町映画館

◇実施期間:2017年5月1日~5月31日
※対象外となる作品がある場合もあります。詳しくは公式サイトをご覧ください。
 

第3の愛 関連イベント 2017年5月20日(土)〜6月2日(金)
『第3の愛』鑑賞でソン・スンホン直筆サイン入りグッズが当たるキャンペーン開催決定!
『私の頭の中の消しゴム』のイ・ジェハン監督が中国で制作した切ない大人のラブストーリー『第3の愛』。公開を記念して、劇場でご鑑賞の方に主演のソン・スンホンの直筆サイン入りグッズが当たるプレゼントキャンペーンを開催します!詳細は受付時にお渡しするキャンペーンチラシをご確認ください。

【賞品】
ソン・スンホン直筆サイン入りクリアファイル(A4サイズ)/1名さま
ソン・スンホン直筆サイン入り日本版チラシ(B5サイズ)/5名さま

【応募締切】
6/2(金)当日消印有効

『第3の愛』公式サイト→

Breathing Earth 関連イベント 2017年5月6日(土)
『ブリージング・アース:新宮晋の夢』新宮晋さん舞台挨拶開催決定!
風や水で動く彫刻で世界的に知られるアーティスト・新宮晋さん。自然エネルギーで自立する村「ブリージング・アース(呼吸する大地)」への実現へ向けて世界を駆け巡る新宮さんの姿を、ドイツ人監督トーマス・リーデルスハイマーが6年間密着して制作したドキュメンタリー映画『ブリージング・アース:新宮晋の夢』の公開を記念して、新宮晋さんの舞台挨拶を開催します!

日 時:5/6(土) 10:00の回上映終了後
登壇者:新宮晋さん(彫刻家)
※当日映画を観られた方対象、参加無料。

 

ドキュメンタリー塾 お知らせ 2017年4月20日(木)〜7月20日(木)
ドキュメンタリーとは何か!「池谷薫ドキュメンタリー塾 」開講決定!
年々公開本数が増えるものの、まだまだ広くには親しまれていないドキュメンタリー映画。しかし劇映画に負けず劣らず、抗いがたい様々な魅力があり ます。そんなドキュメンタリー映画の奥深い世界に触れてみてはいかがでしょうか?元町映画館では4月より映画監督/ドキュメンタリー作家の池谷薫さんを講 師にお招きして「ドキュメンタリー塾」を開講いたします!毎回作品を鑑賞したのち、池谷さんによるレクチャーという形でドキュメンタリー映画の観かたにつ いて学んでいきます。ドキュメンタリーとは何か。作品の良し悪しはどこに現れるのか。テーマの設定や対象との関係をどう築くのか。撮影・編集の奥義。ハー ドルとなるものは何かなど、各回のテーマに合わせて「撮る」「観る」の両面からドキュメンタリー映画を掘り下げていき、ゆくゆくは関西を舞台にした制作 ワークショップの実施も視野に入れています。ドキュメンタリー映画について深く知りたい方、映像表現に興味のある方、ぜひお待ちしております!

【開講期間】
2017/4/20(木)~7/20(木)の期間で全7回予定 各回19:00スタート。※21:00終了予定

【内容】
第1回:4/20(木)「ドキュメンタリーは"フィクション"である」
・鑑賞作品:NHKスペシャル「黄土の民はいま」
→※定員に達しましたので受付を終了いたしました。

第2回:5/11(木)「人間のドラマを撮る」
・鑑賞作品:NHKスペシャル「西方に黄金夢あり」
→※定員に達しましたので受付を終了いたしました。

第3回:5/18(木)「いかに対象と"共犯関係"を築くか」
・鑑賞作品:映画「蟻の兵隊」前半

第4回:6/1(木)「アクションドキュメンタリーに潜む狂気」
・鑑賞作品:映画「蟻の兵隊」後半

第5回:6/15(木)「セルフドキュメンタリーの可能性」
・鑑賞作品:映画「ちづる」

第6回:7/6(木) 「ドキュメンタリーにおけるテレビと映画の違い」
・鑑賞作品:映画「延安の娘」前半

第7回:7/20(木)「"役者"に育っていくということ」
・鑑賞作品:映画「延安の娘」後半

会 場:元町映画館2F イベントルーム
開 場:各回当日の18:45より受付開始
講 師:池谷薫(映画監督)
参加費:各回2,000円/全7回受講10,000円(初回に全額支払い)
※支払い後のキャンセル不可、ご都合により欠席される場合も返金はできませんのでご了承ください。
※主催側の都合により休講となった場合は補講を行います。
定 員:各回30名(定員に達し次第締め切ります)
ご予約:お名前・電話番号・ご希望の回を下記のメールアドレスまたは店頭・お電話でご連絡ください。
event_motoei@yahoo.co.jp/078-366-2636
※メールの返信には2、3日お時間がかかります
主 催:元町映画館
 

第3の愛 お知らせ 2017年5月20日(土)〜
『第3の愛』先着でソン・スンホンのオリジナル生写真プレゼント!
愛を知らずに生きてきた御曹司と、愛に臆病なキャリアウーマンの"一生に一度の愛"を切なく描いた『第3の愛』。『私の頭の中の消しゴム』のイ・ジェハン監督が、韓国の人気スターであるソン・スンホンと中国の美人女優リウ・イーフェイという美しいカップルを中心に、Miss Aメンバーとして活躍したモン・ジアなどの豪華キャストを配して中国で制作した大人のラブストーリーです。公開を記念して、ソン・スンホンのオリジナルな真写真を初日からご来場の方に先着でプレゼントします!
※限定数、先着順。なくなり次第終了します。

『第3の愛』公式サイト→

シネマヒロマ お知らせ  
公式YouTubeチャンネル『CINEMA HIROMA』配信中!
気づけば2年間、当館で上映する作品を紹介したり、映画関係者へインタビューするなど本当に色々なことをこちらの番組で配信中。紙媒体やネット記事では伝わらない映画関係者のここでしか話せない話題も…お楽しみに!

今後の配信予定
・「ハイテンション映画祭作品発表with Cinema KOBE」『テラスにて』『クーリンチェ少年殺人事件』


元町映画館YouTubeチャンネル『CINEMA HIROMA』→

牯嶺街少年殺人事件 お知らせ 2017年4月22日(土)〜
『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』全映画ファン待望のリバイバル上映決定!
エドワード・ヤン監督が1991年に発表し映画史上に残る傑作として世界的に評価されながらも、日本では初上映以来DVD化もされずにいた伝説の作品『牯嶺街少年殺人事件』が、25年ぶりに映画館のスクリーンに帰ってきます!!! 日本で劇場公開された当時は3時間8分のヴァージョンでしたが、今回は本作完成時の当初のヴァージョンである3時間56分版での上映となります。2017年の映画界最大の事件を、どうぞお観逃しなく。

★本作は特別興行料金となります。下記注意をお読みの上ご来場ください。
【当日料金(一律)】2,200円
【前売券】1,800円(完売いたしました)
※シニア・学生料金、サービスデーなどの各種割引や、招待券・5つたまったスタンプカードなどでの無料鑑賞はできません。

『牯嶺街少年殺人事件』公式サイト→

  
シネクラブ シネクラブ 2017年5月21日(日)
元町シネクラブvol.43開催!
「あの映画のシーンはどういう意味だったんだろう」「あの演出はあの監督だからできたんだ」映画には1人1人違う見方がある!大好きな映画の良さをもっと知ってほしい、作品のことを知り、映画に詳しくなりたい。そんな皆様、シネクラブへぜひお越しください。初心者から映画通までいますが、心配ご無用。特に初心者の皆様はぜひオススメです。初対面の人と映画の話をする機会なんて滅多にないですよ。お題映画を設定していますが、たま~に他の映画の話になってしまうことも。ご予約は不要です。映画初心者、学生大歓迎!お気軽にお越しください。

◎元町シネクラブvol.43
日 時:5/21(日) 13:30~15:00
会 場:元町映画館2F
参加費:200円(お茶代)※学生は100円
お題映画:『フランコフォニア ルーヴルの記憶』『At the terrace テラスにて』『牯嶺街少年殺人事件』『ブラインド・マッサージ』
(お題は全作ご覧になっていなくても大丈夫ですので、お気軽にお越し下さい)
 

更新情報


 2017.4.30

 トピックス更新しました


 2017.4.29

 トピックス更新しました


 2014.11.1

 ウェブサイトをリニューアルしました。

本日の上映作品

Tweets